釣り日誌・2016
12月30日 午前船・オニカサゴ
今年最後の釣行でラストチャンスに大感激!

北風が強く<大波>に大揺れの過酷な模様で、沖のポイントへと向かうのは困難な状況でした。しかし、鬼一筋に研鑽に励む鬼道場の定例研鑽会でしたので、煌めく輝ける釣歴を誇る鬼師が揃えば躊躇はしません。
関根宣洋さん(桶川市)は永いキャリアの実力者なので、、激しく上下動を繰り返す大揺れも集中は途切れません。そして、これが最後の投入と告げ「サイズUPで追釣せよ!」の激励に、透かさず僅かな魚信を捉え完璧アワセで「のりました!」と雄叫びです。大鬼GETで有終の美を飾った鬼師に拍手喝采!
飛躍的な技量UPを成し遂げた鬼侍の有終!
強風・大波の悪条件こそが研鑽会と鬼暖簾!
激しい上下動も攻略法は迷わず本領を発揮!
鬼横綱奪還を目指した大願は叶わず持ち越す!
定例研鑽会に挑んだ門人会メンバー揃い踏み!
6月26日 午前船・オニカサゴ
心機一転の旅立ちを前に自ら門出祝いを飾る!

南西風が強くて大波の厳しい状況でしたが、ゆっくりと近場ポイントへと向かい序盤戦の始まりです。少しづつ海況を見ながら沖へと船を走らせ、風の収まりを見定めれば沖走りを決断です。
部坂治閃さん(千葉市)は人生の新たな船出を直前にして、その門出を自らの釣果で祝うべく<一投入魂>が際立ちました。しかし、真潮で程好い流れの中でアタックは頻発しましたが、釣果に至らず悶々と過ぎ行く時をじっと辛抱我慢です。それでも、最後の瞬間に至るまで諦める事なく集中を維持すれば、理想の刺し位置にアワセが決まり堂々を掲げてくれました。
頻発したアタックを捉えても完璧アワセは不発!
温情による泣きの投入で見事に有終を飾る!
強風で大波の中でも正確な底ダチは乱れず!
2月11日 午後船・アマダイ
感激GETは暫定大関級(48cm・1.6kg)の大型!

午前中は北風が強く吹き荒れていましたが、午後には風も収まり穏やかな釣行日和となりました。中潮でしたが時合いも良く干潮からの上げ潮で、真潮が程好く流れれば喰い気配は旺盛です。
柳治彦さん(足立区)は開始早々から快釣ペースで、嬉しい外道の釣れ盛りを満喫してました。勿論、本命の引き味も堪能しつつ、余裕の表情でサイズUPを宣言です。そして、これぞ大型本命の三段引きと、その鋭い突っ込みを存分に体感してくれました。海面に浮かせた美しいピンクの魚体は、堂々の暫定大関(48cm・1.6kg)に拍手喝采です。
横綱級(2kg超)かと昂れば嬉しいトラフグ!
小振りの本命を掲げても船上に笑顔が輝く!
6月29日 午後船・カイワリ
開始から快進撃の爆釣モードで強烈を満喫!

気力・体力をすっかり回復させた練磨の鬼侍が、のんびりと気楽にリラックス・モードでカイワリ狙いを選択です。その侮(あなど)り難い強烈な引き味に魅せられ、シマアジにも勝る美味も忘れ難いと語る笑顔に余裕ありです。
遠武悟孝さん(葛飾区)は潮模様(0.5ノット)が最良と聞かされ、水深-泳層+流速誤差=カウンター数値を算定です。そして、釣れ盛る外道から更なる修正値を割り出せば、海面まで繰り返される鋭く強烈な<大型カイワリ>の感触を楽しみました。それからは、投入毎に本命をヒットさせて6連釣を果たし、大型メダイの強襲にも余裕を持ってタモ取りに成功です。
本命の6連釣に心躍らせ至福タイムを堪能!
正確なタナ探りに苦戦するも一気呵成の追撃!
2月12日 午前船・オニカサゴ
ご夫婦で初乗船のミセスが先駆けGETの大鬼!

<こだわり>の鬼船に興味を抱いて、ご夫婦で初乗船してくれました。自前の天秤・仕掛けでは<真澄丸釣法>は無理と諭され、船長推薦で拘りの<オリジナル>を購入して出陣です。
鈴木真理子さん(横浜市)が船長脇で最初に挑んだのは、ベイト選びと餌付けは勿論ですが精度の高い底取りです。そして、魚信を捉えてからの素早い糸送りから、しっかり間合いを見極めた<アワセ>にも果敢に挑戦です。天性の資質が垣間見える流麗なる手捌きで、海面に浮かせたのは堂々サイズの大鬼(1.6kg)でした。これには、乗り合わせたベテラン勢も、惜しみない拍手喝采を贈ってくれました!
愛妻の快挙を見届け先行を許しても面目躍如!
仕掛けの上ずりが功を奏した嬉しいカイワリ!
瞑目なる鬼師が渾身力を発揮したイッカ釣り!
12月29日 午前船・オニカサゴ
初挑戦の友人を伴って先輩としての面目躍如!

初挑戦の新人さんを伴って久し振りの乗船でしたが、旺盛なる探求心と真摯に挑む謙虚な姿勢は不変です。新人と共に厳しい指導を所望されたので、出船前に真澄丸釣法の基本を熱い語りで<レクチャー>しました。
久保田正仁さん(北区)は<ブランク>を微塵も感じさせない高い集中力を維持して、鋭い感度と冴え渡る勝負勘で大鬼をGETです。<サメ>の猛襲に悪戦苦闘しながら首を傾げる初心者の眼前で、良型本命のイッカ釣りを達成しても驕る事なく{船長のおかげ!」の一言が泣かせます。おめでとうございました!
先輩鬼師に誘われた初挑戦者が堂々を掲げて!
豊富な鬼釣り経験は伊達じゃないと誇らしく!
6月18日 午前船・オニカサゴ
腕磨きに精を出して鬼師の鑑と為るべく励む!

大切にしている<兄>弟子の大野さんから拝領の<真澄丸>キャップを、新たに鬼道場の門人会に加わった<弟>弟子の野口さんへと継承してくれました。大鬼釣りに夢と憧れを抱きながら難しさとその魅力を理解して、一緒に技の修得に励んで天下一の鬼師を目指す絆の証です。
阿部閃身さん(日野市)は頼り甲斐のある先達として、学んだ知識と技を解り易く丁寧に説明しつつ実践してくれました。これからの永くて険しい茨の道を、愚痴らず嘆かず諦める事もなく切磋琢磨で励んでください。そして、門人会の鬼釣り仲間を大切にして、輝ける人生を歩みながら鬼師の頂点を極めてください。
先輩鬼師を乗り越えんと奮起して竿頭を達成!
2月5日 午前船・キンメダイ
深海の紅魚を狙って探ればキンメダイGET!

深海の紅い魚を狙っての出船続きですが、美味い<キントロ>も格別とグルメの要望です。夜明け前にゆっくりと岸壁を離れて、荘厳な<日の出>に手を合わせ約50分の航程です。
池上悟空さん(横浜市)は水深370mからのスタートに、気合を込めて自作の5本針仕掛けを投入です。着底直後に魚信を捉えて、追い喰いも狙えば思惑通りで巻き上げ開始です。しかし、上がってきたのはノドグロ&ギンムツの外道で、本命の姿はありません。そして、幾度かの移動を繰り返しながら、5回目の投入で嬉しい本命のイッカ釣りを成し遂げました。
2月8日 午前船・オニカサゴ
真潮が程好く喰い盛れば大感激の大鬼GET!

久し振りに真潮が程好く流れて、活性も上がれば大いに期待値が膨らみます。しかし、開始から外道の<ノドグロ>がヒットして、、それもイッカ釣りの連釣に嬉しくもあり寂しくもありです。
神谷吉孝さん(川口市)が的確に状況模様を読み解けば、底ダチの修正とベイトカラーの変更で対処です。この判断が見事にズバリと的中して、本命を連続ヒットさせれば鬼師冥利と言えます。そして、これが最後と告げられた投入では、完璧アワセの針掛かりで大鬼(1.7kg)をGETです。
12月26日 午前船・オニカサゴ
大波の中でも集中力は抜群で大鬼をGET!

北風が強く大波の厳しい状況でしたが、研鑽に励む鬼師の心は乱れません。大きな上下動を繰り返す大揺れの船上でも、真澄丸オリジナルの天秤・仕掛けを自在に操れるのです。
足立閃竜さん(練馬区)は更なる悪条件が二重に重なる、動かぬ潮の喰い渋りでしたが<愚痴らず嘆かず諦めず!>は揺るぎません。それは、頻発する<アタリ>は望めなくとも、大鬼のアタック確率は高いと経験値で知るからです。こんな悪条件下こそ燃え上がるのが正真の鬼師と、一心不乱の集中力で微細魚信を捉えた鋭い切れ味には感服です。
兄弟子からの薫陶よろしきを得て技量をUP!
激しい上下動の舳釣り座でも察知力は鬼師!
6月17日 午前船・オニカサゴ
外道王が大感激の大アラ(12.7kg)をGET!

過去に幾多もの実釣実績のある外道王が、敬い慕う門人会々長の名を冠した<池上ポイント>で感激GETです。アワセ直後の強烈を隣りの釣座で見ていた<池上さん>が、直ぐに大声で「大アラ!」と叫べば、それからを凌ぎ切るのは容易ではありませんでした。
足立閃竜さん(練馬区)は幾度もの鋭い強烈な突っ込みをしっかりと腰を落として、会長から譲り受けた軟調子の愛竿に委ねて懸命に耐え凌ぎます。途中で電動リールが悲鳴を上げてストップしても、冷静沈着に慌てる事なくハンドル巻きに移行です。「残り20m!」の声に応えてタモを構えれば、大アラ(12.7kg)の魚体が勢いよく頭から海面に飛び出てきました。万歳三唱!拍手喝采!
夢舞台を独り占めにして垂涎の的に至福極楽!
2月3日 午前船・アカムツ
アカムツ狙いの真剣勝負に挑み本命GET!

真冬の寒さが厳しさを増しても、過酷な状況こそが<闘志の源泉>と意に介しません。北風が強くて大揺れの船上でしたが、<アカムツ>一本狙いで的を絞り出船しました。
池上悟空さん(横浜市)は自作の仕掛けに工夫を凝らして、船べりに万端整えれば合図を待って投入です。そして、ポイント移動で水深330mを告げれば、着底直後の誘い上げに魚信を察知です。優しく竿先を持ち上げて<アワセ>れば、上品な手応えに本命と確信してゆっくりと巻き上げ開始です。タモ取り直後に針が外れましたが、大きな美しい魚体は無事にGET出来ました。
12月25日 午前船・オニカサゴ
魚信察知からの流麗なる手捌きで大鬼GET!

初挑戦の新人を伴って見事に範を示した鬼侍!
初挑戦者も懸命に助言に従って3匹GET!
厳しい指導と叱咤に頷けばき堂々の鬼暖簾!
12月25日 午後船・アマダイ
開始直後の大本命は感激サイズ(46cm1.5kg)!

驚愕の鋭い突っ込みを凌げば大鯛(85cm8.7kg)!
6月11日 午前船・オニカサゴ
初挑戦の初鬼GETは竿頭となる大鬼(1.6kg)!

友人と二人で難しいと定評の大鬼釣りに、覚悟と勇気を携えて初挑戦してくれました。竿&リールはレンタルで天秤・仕掛けは真澄丸オリジナルを購入となれば、<こだわり>船長の釣らせたい<モチベーション>は一気に鰻登りです。
吉田岳志さん(三鷹市)は道具扱いから基本の全てを学び、夢と憧れを抱いた<深遠>の扉を開け放ちました。開始早々にその資質と才能を見抜けば、直接の実践指導にも熱が入るのも当然です。アタックを呼び込み魚信を捉えれば、それからの手捌きもベテランを彷彿とさせてくれました。更なる追釣でサイズUPを果たせば、ベテラン勢の拍手喝采も心地よい響きです!
釣友の快挙に奮起して初挑戦者が鯱ポーズ!
先輩鬼師からの叱咤激励に応えて大鬼GET!
開始から快釣ペースを維持して堂々の鬼暖簾!
6月11日 午後船・カイワリ
強くて鋭い突っ込みとパワーに醍醐味ありと!

嬉しい外道が喰い盛る中でもその強烈は鮮烈!
1月17日 午前船・カイワリ
大型本命と確信すれば嬉しい外道の真鯛GET!

熱い要望により午前・カイワリ~午後・アマダイ狙いの、一日通し釣りでの出船になりました。午前船は今年初めてのカイワリ狙いでしたが、逆潮がゆったりの好条件で活性は抜群でした。
近藤 勲さん(品川区)は北風が強く大揺れの舳釣り座でも、余裕のある安定した姿勢に可能性を感じました。いつもの定番外道で本命を探りながら、誘い上げた直後に鋭く竿先が突っ込んだのです。幾度もの強烈を耐えながら慎重に運べば、海面に見せたピンクの大きな魚影にガッツポーズです。
先輩に誘われ初挑戦者が良型本命を二連釣!
1月17日 午後船・アマダイ
二度目の挑戦者が感激の暫定横綱(52cm・2.0kg)!

先輩の釣友に誘われて、今回が二度目の挑戦になります。初挑戦の時にGETした良型本命の記憶が鮮明で、夢よ再びの意気込みで頑張りました。
内藤貴広さん(港区)は底から高精度のタナ取りが重要と学び、更には時折の誘い上げも肝心と実践してくれました。そして、強烈な突っ込みに幾度も耐えながら、慎重に巻き上げれば途中で急に軽くなり「ガックリ!」です。落胆しながら絡んだ<マツリ>の幹糸を夢中でほどけば、5m先の海面にポッカリと大アマダイが浮かんだのです。おめでとうございました!
先輩を沈黙させた堂々たる美姫の鯱ポーズ!
6月12日 午前船・オニカサゴ
爽やかな涼風が集中力を高めて大鬼(1.8kg)!

出船前に船長の誕生日と聞かされて、夢・幻サイズで<HP>の表紙を貼り変えるべく勇んでの出陣です。雲間から射す時折の陽射しが優しく穏やかで、ベタ凪の海面を煌めかせれば夢舞台の幕開けとなります。
加藤 隆さん(横浜市)は昨年末から通い始めた鬼侍で、他船との違いがしっかりと認識出来る本格派です。動かぬ潮の喰い渋りもまったく苦にせずに、<船誘い>を仕掛ける船長の操船意図も理解してくれました。魚信を捉えてからの的確対応に迷いは見られましたが、揺らぎながらの決断アワセでも大鬼(1.8kg)をGETです。
狙いは夢・幻サイズと夢見る鬼師の大奮闘!
2月1日 午前船・オニカサゴ
深根の難所攻めこそが醍醐味と大勝負を制す!

起伏の激しい深根攻めでは、底ダチが正確でも度々引っ掛かります。それでも、根掛かりを恐れず果敢な姿勢を貫けば、大鬼からのアタックは必然と信じる事が肝心です。
阿部閃身さん(日野市)は難易度の高さに怯まずに、集中力を更に高めて微細な魚信を察知しました。しかし、早アワセを戒めてちょっとだけ待てば、直ぐに難敵は餌を咥えて深根に潜り込むのです。それでも、焦らず慌てず冷静沈着に、適度な負荷を与え続けたのが功を奏しました。暫定横綱を更新かと昂りましたが、海面に浮いたのは良型イッカ(2匹)でした。快心笑顔に拍手喝采!
海底の天秤・仕掛けと付け餌を想起しながら!
2月2日 午後船・アマダイ
穏やかな海で暖かな陽射しを浴び感激GET!

冬将軍の寒波も一段落で、常春の南房総がようやく蘇りました。午前中の北風も収まり暖かな陽射しが、冷えた体温を心地よく押し上げてくれます。
長坂茂信さん(木更津市)は潮が動かぬ喰い渋りでしたが、じっくりと余裕の表情で動き出しを待ちました。そして、幾度目かのポイント移動を繰り返し、水深が70mで見事に堂々サイズの本命をヒットさせました。これには同行の釣友も拍手を贈り、それからの追撃に気合を膨らませてくれました。
12月20日 午前船・オニカサゴ
真摯に励む門人仲間を先駆けて備えは磐石!

温厚篤実なる練達の士として鬼師達から慕われるも、胸の内に秘められた一途な<熱き心>は炎の如くです。人生の至福極楽タイムは<鬼船>にありと、気心の知れた宿敵との<鬼釣り談議>も弾んでいました。
遠武悟孝さん(葛飾区)は潮が動かぬ喰い渋りこそが、夢・幻サイズがアタックしてくるチャンスと心得ています。勿論、雑念を抱くことなく為すべき事を着実に、その瞬間(とき)に磐石の備えが肝心なのです。唯一の魚信を勝機と捉えて、冷静な対処対応が感動・感激を呼び込みました。今年最後の釣行と言いながら、見事に<有終の美>で飾ってくれました!
鬼横綱の二連覇達成に的を絞り虎視眈々と!
飛躍的な技量UPを成し遂げた鬼師の堂々!
12月20日 午後船・アマダイ
美食家として惚れ込んだ美姫釣りの醍醐味!

12月19日 午前船・オニカサゴ
最難関ポイント攻めに挑み夢サイズをGET!

急峻な深根ポイントを果敢に攻めるには、天秤・錘を自在に操れる技量が不可欠になります。天秤ロストを恐れず正確に底ダチをキープして、頻繁な引っ掛かりの中から魚信を見極めるのが鬼師です。
神谷吉孝さん(川口市)は大鬼釣りの醍醐味は<難しさ>と理解して、謙虚に腕を磨きあげる事がサイズUPの王道と努力を怠りません。餌針を口に含ませ振り向く刹那の攻防が真髄と、激しい動きを抑え込みつつ強引を戒めながらの引き上げでした。巻き途中の強烈を幾度も凌げば、堂々の夢サイズ(2.0kg)が浮上です。
遅潮の喰い渋りでも愚痴らず嘆かず鬼暖簾!
12月19日 午後船・アマダイ
悠々と気楽に余裕の笑顔で至福タイムを満喫!

6月8日 午前船・オニカサゴ
新加入の門人に指導しつつ夢サイズ(2.1kg)!

新加入の門人から個別指導を乞われれば、その情熱と向上心に快諾するのが鬼師です。出船前から熱い質疑が始まり、沖への道中も熱血指導は終わりません。
池上悟空さん(横浜市)は優しく懇切丁寧に、先ずは基本が肝心と付け餌の細工法を伝授です。実釣を開始してからも励ましながら、底取りの精度と竿先の撓(しな)りをチェックしていました。そして、終盤戦が始まれば自身の大勝負に専念して、目論み通りに微細を呼び込み針掛かりに成功です。昨年の覇者が暫定横綱をGETかと確信しましたが、今回も海面に浮かせたのは大鬼(2.1&1.5kg)のイッカ釣りでした。
大鬼GETの幕開けは絶好調宣言の前奏曲!
大鬼釣りに心酔すればイッカ釣りも至福極楽!
怒涛の快進撃で鬼暖簾を掲げれば拍手喝采!
1月11日 午前船・オニカサゴ
鬼一筋と研鑽に励めば夢の暫定横綱更新(2.4kg)!

沖釣りに興味を抱いても右も左も全く分からず、偶然に探し当てた<こだわり船>が初めての挑戦でした。この鬼釣りを永く楽しめる釣り人は非常に少なく、貧果に喘ぎ難しさに翻弄されれば誰でも挫けて当然です。
佐藤A作さん(墨田区)は他船を知らずに<真澄丸>の鬼一筋で、この醍醐味と奥深さに魅了されて苦節10年の歳月が流れました。それでも、真摯に研鑽に励み心得・覚悟を磨き上げて、着実に極みに向かって鬼道をまっしぐらに歩む鬼師となりました。今回も最後の投入で成し遂げた偉業は、幻サイズ(2.5kg超)には僅かに及ばずとも暫定横綱を更新する堂々たる夢サイズ(2.4kg)をGETです。
期待のホープは門人会の若頭で颯爽とご挨拶!
重量感は幻サイズを遥かに超えたミズダコ!
夜明け前の三番勝負で良型のクロムツを連釣!
6月10日 午前船・オニカサゴ
初乗船者が辛抱我慢で大鬼GET(1.9kg)!

鬼釣り経験者でも我流を押し通せば、貧果に喘ぎ撃沈が見込まれると諭されました。出船時は濃霧で視界が遮られていたので、安全を考慮して先ずは湾内でウォーミングアップです。
真野 正さん(海老名市)は遅潮の喰い渋りにアタックを呼び込めず、頻繁に竿を大きく上下させる事を誘いと勘違いです。釣果が<0>のまま最後の投入が告げられて、ようやく釣法説明を理解して実践してくれました。しっかりと早巻きの癖も指摘されていたので、唇に針が刺さらずともタモ取りが果たせました。タモ取り直後に針が外れましたが、幸運GETを自覚が出来れば一歩前進です!
1月16日 午前船・オニカサゴ
初心者が辛抱・我慢で集中すれば感激GET!

早朝のウォーミングUPは気楽にクロムツ狙い!
12月17日 午前船・オニカサゴ
自らの名を冠したポイント攻めで幻級に挑む!

それは開始早々の第一投目の事で、アワセ直後の強烈は<未知との遭遇>でした。締め込んだドラッグでも巻き上げは叶わず、出ていく幹糸が止まるには時間を要しました。
部坂治閃さん(千葉市)が慎重に丁寧に海面に浮かせた魚影は、大きな大きな15kg超の<エイ>だったのです。そして、折れ掛けた気持ちを立て直すべく、自らの名を冠した<Hesaka Point>攻めへの要望に応じました。そこでは夢・幻級の大鬼を針掛かり直後に深根に潜り込まれて、船上に大声が轟き<助け舟>の要請です。神の手を以って引き出しに成功しましたが、太陽光が射し込む残り僅かの水深で逃げられました。それでも満面の笑顔で鬼暖簾を達成です!!
初乗船で大鬼GETした感激の再演を期して!
大鬼の痛恨バラシを繰り返しても集中は維持!
6月5日 午前船・オニカサゴ
切磋琢磨の鬼師が競い合う研鑽会で夢サイズ!

鬼道を極めんと欲する新加入の門人を温かく迎えて、大鬼釣りに夢と憧れを抱き一途に研鑽に励む鬼師が参集しました。鬼道場の定例研鑽会であれば、攻めるのは急峻な深根で難易度も高いポイントばかりです。
池上悟空さん(横浜市)は門人会の会長として重責を担い、優しく温かく助言をしつつ範を示してくれます。皆が順調に釣果を伸ばして撮影サイズをGETすれば、心を込めた祝福の拍手を惜しみません。そして、いよいよ真打登場とばかりに魚信を捉えれば、幻サイズ(2.5kg超)を確信させる手応えでした。しかし、それは大鬼イッカ釣り(2.0&1.5kg)で、惜しくもギネス記録の更新とはなりませんでした。
大鬼のアタックを呼び込み連釣モードの快釣!
竿頭は会長に譲るも大勝負を制した天晴れ!
着実に実力を向上させて釣果を掲げた快進撃!
世話役として新人を励まし範を示した兄弟子!
新加入の門人として先輩鬼師に囲まれ鬼暖簾!
1月10日 午前船・オニカサゴ
遅潮の喰い渋りも創意と工夫で誘い技を演出!

今年になって初めての真澄丸・釣行は、午前・オニカサゴ~午後・アマダイの一日通しが出初めです。釣り雑誌<つり丸>の取材で、ダイワ・フィールドテスター松永さんとカメラマン木暮さんの期待を背に受けて初出船を果たしました。
三好 立さん(江東区)の昨年度・鬼番付は前頭八枚目(2kg)でしたが、過去最高位は2013年に幻サイズ(2.5kg)をGETした堂々の<関脇>です。新しき年を迎えるにあたって尚一層の奮起を誓い、取材カメラマンの被写体となるべく抜群の集中力で大鬼(1.7kg)を釣り上げました。今年こそは最高位の栄冠をと切望すれば、闘志の炎が勢いづくのも頷けます。
大きな期待に応えた快心GETの大鬼(1.6kg)!
強い引きと鋭い突っ込みに耐えて<イシナギ>!
1月10日 午後船・アマダイ
暖かな凪模様の快適な美姫釣りは癒し効果!

大型を狙って気合を込めれば外道のマトウダイ!
12月13日午後船・アマダイ
強烈な三段引きを満喫した大型(47cm1.5kg)!

憧れの大型<2kg超>狙いに的を絞り込んで、その強烈な感触を懐かしく蘇らせながらの挑戦です。誇るべき過去の栄光は語り尽くせませんが、記録更新を目指しての闘志は揺るぎません。
池上悟空さん(横浜市)は有効誘いに秘策ありと、海底画像を脳裏に描き出してアタリを呼び込みました。そして、アワセ直後の強烈な感触にも慌てる事なく、余裕の表情で三段引きを丁寧に凌ぎつつ巻き上げました。目論み通りの大型(47cm・1.5kg)GETに最敬礼です!
12月12日 午前船・オニカサゴ
決断アワセを矯正され開眼会得の大鬼(1.9kg)!

昨日は終了間際に船上レクチャーで、鬼閃流の<アワセ>を実践指導されました。今迄のスタイルは空アワセや途中バラシの原因となる、竿先を上げた直後にハンドルを巻き上げる<我流アワセ>だったのです。
野口悟政さん(さいたま市)は船上での熱血指導に大きく頷いて、二日間連続で<アワセ技>の習得に励んでくれました。今日は尊敬する先輩鬼師に付き合っての乗船でしたが、懸命に学んだアワセ技を見事に実践して大鬼(1.9kg)を釣り上げました。尊敬する鬼師からの喝采を浴びて、堂々と掲げた歓喜の笑顔がとても晴れやかでした。
12月11日 午前船・オニカサゴ
厳しい指導直後の成果が夢サイズ(2.0kg)!

北東風が強くて大揺れの船上でしたが、アタリを頻発させた誘い技が冴えていました。しかし、慎重に巻き上げても舳釣り座の上下動は激しくて、途中での痛恨バラシの連続に幾度も唇を噛んでいました。
三好 立さん(江東区)の戸惑いと消沈に喝を入れるべく、底取りから決断アワセまでの一連を熱血指導です。そして、寂しく終了した直後に<泣きの一投!>を告げれば、魚信を捉えてからの決断アワセは指導を実践して完璧でした。感激GETの夢サイズ(2.0kg)に万歳三唱!
強風・大波の状況下でも鬼侍の感度は抜群!
二回目の乗船でしたが過酷な大揺れも克服!
12月11日 午後船・カイワリ
鋭い突っ込みと強烈に耐えて本命イッカ釣り!

良型カイワリのイッカ釣りを達成で満願笑顔!
爆釣タイムにトリプルでイッカ釣りを果たす!
5月29日 午前船・オニカサゴ
初挑戦の悔しさを再挑戦で見事にリベンジ!

友人の誘いに応じて初挑戦した時は、レンタルの竿・電動リールで頑張りました。しかし、道具扱いも含め覚える事学ぶ事ばかりで、難しさに翻弄され釣果を得る事は出来ませんでした。
秋本泰孝さん(墨田区)はその時の悔しさから一念発起して、なんと頭を丸めて覚悟の再挑戦をしてくれたのです。そして、リベンジに燃えた意気込みは目を見張るもので、正確な底ダチから微細魚信を捉えれば糸送りも綽々(しゃくしゃく)です。ベテラン勢を唖然と言わせた釣果は堂々の3匹で、良型を揃えた自己記録に拍手喝采を浴びておりました。
初挑戦者が基本を学び謙虚に挑み大感激!
大鬼に畏敬を抱き研鑽に励む鬼師の晴れ姿!
大鬼釣りとはを熱く語れば至福と一途に邁進!
1月8日 午前船・オニカサゴ
祝・大鬼(1.8kg)GETで昨年度の厄年を厄払い!

昨年の厄年を無事に乗り切り、新たな年を迎えて飛躍を誓ってくれました。予報では南西風が強くなりそうなので、前半戦が勝負との叱咤激励には頷いて<OKサイン>です。
衣非 卓さん(千葉市)は永いキャリアの常連さんで、強風に大揺れの状況下でも集中力は抜群です。僅かな竿先の変化を敏感に捉えれば、それからの的確な所作は迷いません。しっかりと針掛かりを確認するも過信は戒め、危うい針掛かりを想定した慎重巻きは鬼師の心得なのです。厄年明けに初釣行の初鬼GETは、紅色も鮮やかな堂々サイズの大鬼(1.8kg)でした。本年の大飛躍を期待しています!
1月9日 午前船・オニカサゴ
自らの名を冠したヘサカポイントで不敗を堅持!

新調した鬼道場・門人会ベストを着込んで、新しき年を迎えた鬼師が颯爽と登場してくれました。このベストを着用して挑んだ鬼侍の全てが、例外なしに感激釣果を掲げているのです。
部坂治閃さん(千葉市)もこの<ジンクス>は承知で、<ヘサカ・ポイント>への移動を告げると表情が変わりました。勿論、鬼師としての気合と集中力には定評がありますが、更に一層の入魂を為せば待望の<シグナル>です。動かぬ潮の喰い渋りでは、<静・動>の誘い分けが肝要と学んで直ぐに実践です。今年も夢・幻サイズを目指して、研鑽に励んでください!
波立つ荒れ模様の中でも察知力は大いに向上!
引き味に違和感を抱きつつ慎重巻きでメダイ!
12月5日 午前船・オニカサゴ
開始から本命GETで快釣を維持した鬼暖簾!

風は穏やかでしたが<ウネリ>が大きく、底ダチ取りには相応の工夫が求められました。勿論、鬼閃流釣法は天秤・錘を立て続ける事が基本ですが、波高3mを超えた状況下では至難の技です。
阿部閃身さん(日野市)は精度高くしっかりと基本を踏襲して、微細な魚信を捉えれば一投目から本命GETです。鬼釣りを極めるべく研鑽に励む釣友の眼前で、流麗なる所作で範を示せば喝采も頷けます。年内も残り少なくなりましたが、鬼横綱の奪還を狙う闘志は微塵も衰えません。
何か変だと言いながら釣り上げたのは甲イカ!
5月28日 午前船・オニカサゴ
軟調子の愛竿で数を伸ばしサイズUPも達成!

序盤は逆潮でしたが程好く流れて、第一投目から三人が同時にトリプルヒットです。その後も順調に喰い盛り、タモ師を奔らせてくれました。
加藤 隆さん(横浜市)は今回が3回目の乗船で、少しづつ鬼船の<こだわり>を理解してくれたようです。長くて軟らかな竿で150~200号負荷は、微細を捉え難いのではと懸念してしまいます。しかし、慣れ親しんだ愛竿らしくて、しっかりと着実に魚信を呼び込み捉えて釣果を伸ばしました。
鬼竿<閃>で強烈を凌げば大鬼イッカ釣り!
伴った初挑戦者に範を示した堂々の鬼暖簾!
誘われて挑んだ初挑戦者が嬉しい初鬼GET!
12月4日 午前船・オニカサゴ
鬼一筋と励む研鑽会で夢・幻のGETは為らず!

鬼道を極めんと欲する正真の鬼師が参集して、憧れの夢・幻サイズに挑む定例研鑽会の開催です。海上は穏やかで陽射しも暖かく感じられ、冬仕様の上着も脱ぎ捨てるほどに快適釣行でした。
足立閃竜さん(練馬区)は憧れの幻サイズ(2.5kg超)に的を絞り込み、深場の難所攻めに集中力を高めてアタリを頻発させました。しかし、<50年>もの永き歳月を逞しく生き抜いた凄味は別格で、アタックすれども容易(たやす)く針掛かりせずに釣師を嘲笑うのです。だからこその醍醐味と真摯に理解して、一途に研鑽に励むのが鬼師なのです。堂々の鬼暖簾に万歳三唱!
鬼閃流の門人仲間と憧れに挑めれば至福極楽!
開始の第一投目で本命をGETして意気軒高!
危うい針掛かりを想定の慎重巻きが功を奏す!
嬉しい外道の黒ムツをイッカ釣りで照れ笑い!
門人仲間と愉快に楽しく切磋琢磨こそが本懐!
1月7日 午前船・ムツ~オニカサゴ
開始の第一投目に大鬼(1.8&1.7kg)イッカ釣り!

すっかり定番となった夜明け前の<三投>では、ウォーミングアップを兼ねたムツ狙いが順調です。それから航程30分の沖走りで、難敵が潜む鬼ヶ島城へと到着します。
土屋芳民さん(調布市)が期待を込めた第一投入で、早々の魚信を捉えれば<焦らず慌てず>じっくりが功を奏しました。しかし、ズッシリの重量感はあっても竿先はまったく暴れず、少々不安気な後ろ姿に大向こうから<激>が飛びました。タモを抱えて海面を注視すれば、堂々たる大鬼が2匹(1.8kg&1.7kg)同時に浮かんできました。写真撮影中に「重い!」の贅沢な一言が、とっても印象に残りました!
快進撃で鬼暖簾を掲げれば初春釣行の初笑い!
夜明け前のクロムツ狙いも順調にスタート!
1月7日 午後船・アマダイ
潮の動き出しにピタリのタイミングで喰い盛る!

5月22日 午前船・オニカサゴ
良型を揃えた3匹目に自己記録更新(1.8kg)!

ゆっくりじっくり永い歳月を経て経験を重ね、焦らず慌てずマイペースで真澄丸釣法を学んできました。そして、少しづつ着実に鬼釣りに挑む本気度を高めて、「難しいから面白い!」の理念を共感・共鳴するに至るのです。
立石光廣さん(三浦市)は<こだわり船長>の置き竿釣法を修得して、釣行毎の釣果を確実に向上させてきました。大鬼を釣るには「サイズUPは実力UPから!」の原則を理解して、運良く「釣れちゃった!」を自ら戒めて励んできたのです。久し振りに自己記録を更新出来た事を、素直に謙虚に喜んでくれました。
5月23日 午前船・オニカサゴ
喰い渋りに腕の見せ場ありと夢サイズ(2.1kg)!

洋上は風弱くベタ凪の快晴が心地よく、「愚痴らず嘆かず諦めない!」を理念の礎にして挑みました。潮がまったく動かない遅潮の喰い渋りこそが、自在に天秤・錘を操って<そそる>好機と鬼師は前向きです。
土屋芳民さん(調布市)は大鬼狙いの要諦は着底にありと、細心を心掛け七色・十色の仕分けを駆使しました。勿論、それからをしっかりと見定めれば、狙われる小魚・小烏賊に為りきった付餌の動きも演出です。直観と閃きを信じればアタックは必然と、微細を捉えてからも勝負所は弁えています。憧れの夢サイズ(2.1kg)をGETしても、永き歳月(25年位)を逞しく生き抜いた大鬼に敬意を忘れません。
鬼竿<閃>購入から三ケ月の絶好調モード!
極めれば閃くの達人域へと奮闘努力を称賛!
1月5日 午前船・ムツ~オニカサゴ
昨年の鬼横綱が初釣行で暫定横綱(1.8kg)!

暖かな快晴の凪模様に、昨年度の覇者が初釣行でご挨拶です。海面は潮がまったく動かなくても、中層から海底にかけて二枚潮と読み切りました。
池上悟空さん(横浜市)が投入回数を重ねながら、海底の様子を分析すれば攻略法も吟味です。アタリが頻発しても第1魚信だけだったり、2アタリがきてもアワセに至りませんでした。それならばと、受け身の待ち姿勢から積極策を講じれば、その思惑が見事に的中して大鬼(1.8kg)をGETです。今年も多くの鬼師の鑑として、鬼レースの先陣を駆け抜けてください。宜しくお願い申し上げます!
大鬼を針掛かりするも痛恨バラシに大奮起!
初春にクロムツを掲げて目標と課題を認識!
1月5日 午後船・アマダイ
ポッカポカ陽気にのんびりと美姫釣りを満喫!

1月6日 午前船・オニカサゴ
昨日の悔しさを糧に夢サイズ(2.1kg)をGET!

昨日の鬼釣りでは悔しさを募らせるばかりで、悶々の一夜も覚悟の上と自らを叱咤していました。しかし、午後釣りを楽しく終えて帰港すると、燃え立つ闘志は抑えがたく翌日の再挑戦を決断です。
野口政己さん(さいたま市)は僅か三ヶ月余りの鬼釣り経験ながらも、難しさに面白味が実感出来る稀有な釣り師です。最後の投入で魚信を捉えても直ぐに気配を消し去り、辛抱と我慢で2アタリを呼び込んでもそれっきりでした。それでも、その瞬間(とき)を信じて諦めずに対峙すれば、それから<2分>の時を経て<再び>にアワセが決まりました。暫定横綱更新の夢サイズ(2.1kg)GETに拍手喝采・万歳三唱です!
11月27日 午前船・オニカサゴ
アタリを呼び込む凄技が冴え渡り大鬼を連釣!

数日前の天気予報は雨・風と最悪でしたが、熱い鬼師の念力が勝って曇り模様でも穏やかな快適釣行でした。更には、真潮が程好く流れて北風となれば、潮上が風上と一致する最良の条件となります。
能登悟幹さん(市川市)は船長の檄に応えて、天秤・仕掛けを自在に操りアタリを頻発させていました。勿論、魚信を捉えてからは<鬼閃流>釣法を駆使して、焦らず慌てず間合いは見誤りません。常に危うい針掛かりを想定した巧みな<リーリング>で、口先に<ギリギリ>の状態でも確実に海面まで浮かせる事に成功です。堂々の鯱ポーズに拍手喝采!
決断アワセの間合いを読み切れば快釣ペース!
5月21日 午前船・オニカサゴ
鬼道場にて謙虚に真摯に研鑽の鬼侍が絶好調!

昨年までは艱難辛苦の低迷期を悶々でしたが、今年は魚信を捉えてからの遣り取りに迷いを払拭です。餌付けの工夫・底取りの精度・所作の逐一には自信が漲り、アタリは呼び込むものと緻密な演出力が冴え渡ります。
宮田閃勇さん(習志野市)は粗食に耐え抜き強靭な生命力で、深海の深根に潜む難敵の凄味に敬意を忘れません。大鬼釣りは難しさに醍醐味ありと研鑽に励み、理解を深めて技量を向上させれば釣果は必然です。飛躍を成し遂げた鬼師に、心からの喝采を贈らせていただきます!
憧れの夢・幻サイズと胸躍らせたイッカ釣り!
5月21日 午後船・アカムツ
鋭く上品な感触に本命と確信して大型GET!

11月26日 午前船・アカムツ
惜しくも色違いなれど良型クロムツをGET!

大鬼を狙っての強烈を凌げば大型のカンコ!
胴付きから天秤に変えた途端に大鬼GET!
5月18日 午前船・オニカサゴ
順調に釣果を伸ばして最後は大鬼(1.8kg)!

潮向きと流れが良好で、直ぐにアタリを呼び込み良型本命を浮かせてくれました。その後も順調に魚信を捉えていきますが、それからの待ち過ぎ送り過ぎが災いでした。
遠武悟孝さん(葛飾区)が直ぐに自省して修正を試みれば、迷いを払拭した決断アワセに鋭く強烈な突っ込みを体感です。そして、「これが最後の投入です!」を聞いて、幹糸に念力を注ぎ針先まで送り込めば!海底から海面まで巻き上げ途中で激しく暴れ続けても、疑念を抱く事なく慎重巻きに徹したのは流石でした。夢・幻サイズに僅かに及ばずとも、大鬼(1.8kg)で有終を飾れれば至福なのです!拍手喝采!万歳三唱!
僅かに及ばず竿頭にはなれずとも余裕の笑顔!
鬼横綱の貫禄で連覇を狙えば大鬼イッカ釣り!
第1投目から初挑戦者が初鬼を感激GET!
11月20日 午前船・オニカサゴ
大感動の夢サイズ(2.1kg)はラストチャンスに!

暖かな小春日和は心地良く、真摯な鬼侍の期待値が大きく膨らみました。序盤から本命のアタックが頻発すれば、幾度か痛恨を繰り返しても直ぐに挽回が可能です。
北野雅一さん(八潮市)は早々に本命をキープして、余裕を持って終盤戦に挑めました。それでも、潮止まりに見舞われ喰い渋りとなれば、追釣も叶わず焦りの表情が顕著でした。そして、最後を告げた投入に集中を高めれば、着底直後の魚信に些か慌てていました。「大鬼!」の掛け声を聞いて冷静に<アワセ>れば、生涯で初めての夢サイズ(2.1kg)GETに大感動でした。
初挑戦者が感激GETの初鬼を掲げて感激!
11月20日 午後船・アマダイ
仲良し夫婦が美姫狙いで快進撃の6匹GET!

初挑戦の奥様も見事な竿捌きで本命を3匹!
5月15日 午前船・オニカサゴ
強烈に心躍らせればアラ&ムツのイッカ釣り!

昨日は真澄丸での鬼カサゴ釣り18回目で最高の釣果でした。昨年10月に真澄丸さんで初釣りして10/141回目は2匹、10/302回目は3匹、11/174回目も3匹と順調でした。それからは、鬼釣りの難しさの壁にぶち当たったのに、何故か不思議にまた鬼釣りに挑戦したいと言う気持ちが途絶えなかったです。
5回目以降は、自作の仕掛けや時折穴子や冷凍イワシなどの特餌に目が眩んだり、真澄丸流の基本から逸脱していることに気がつきました。昨日は真澄丸流に徹し特餌は使わず自作の仕掛けも持ち込まなかった事が良い結果のひとつに繋がったと思ってます。なんとなく真澄丸流の鬼釣り方法がやっと少し見えてきたような感じがしてきました。まだまだわからない事が沢山ありますが、今後ともよろしくお願いします。
野口政己(さいたま市) 拝 
11月15日 午前船・アマダイ
平日開催の研鑽会で竿頭を奪還(42cm・1.4kg)!

鬼道場で一途に<研鑽>に励む定例研鑽会は、隔月に開催され<日曜日>が通例です。しかし、年に一度だけは特別に遠武さんの休日に合わせて、平日の火曜日に懇親を主目的とした<アマダイ>狙いで主催されます。
石井閃芳さん(江戸川区)は仕事休みを調整て参戦した強者(つわもの)達と共に、この<ゆるやか>なる異例の研鑽会に参加してくれました。そして、池上会長以下の猛者(もさ)連が見守る中で、堂々の大型(42cm・1.4kg)をGETして竿頭を達成です。本日は6名の参加者全員が本命を釣り上げて、有意義な至福の時間を共有する事が出来ました。
本日の主役なるも竿頭には僅かに及ばす!
門人会の定例研鑽会に馳せ参じた強者連!
5月14日 午前船・オニカサゴ
<サメ>の引き味と落胆巻きで夢サイズ(2.0k)!

針掛かりを果たしてリーリングを開始すれば、その強烈と重量感から外道を想定したようです。巻き途中で幾度も竿先が激しく上下に叩かれ、まったく落ち着かない感触に緊張感を失ったのです。
小阪 満さん(さいたま市)は今年の2月が初乗船で、それから月二回の釣行を重ねて腕を磨いてきました。勿論、鬼船の熱い<こだわり>にも共感すれば、愛竿も<閃>を購入して本格派を目指しているのです。それなのに「引き味がサメ!」の一言で夢サイズ(2.0kg)を浮かせれば、厳しい教育的指導は容赦がありません。どんな引き味・感触でも常に大鬼と信じて、危うい針掛かりを想定する事が基本と学びました。
久し振りに参戦の鬼師が大鬼(1.8kg)GET!
悶々と貧果に喘ぎつつ腕を磨けば快心釣果!
その比類なき情熱と探求心で励めば釣法開眼!
重くて辛いのが大鬼暖簾ポーズと至福を体感!
5月14日 午後船・カイワリ
助言に学び指示通りのタナ探りで大型GET!

11月14日 午前船・オニカサゴ
渾身力が試された投入で夢サイズ(2.3kg)!

初めての新人さんが乗船してくれたので、先ずは本命の形を見る事が肝心と心得ました。序盤戦は海面が少し波立っていた影響で、的確に魚信を捉えらる事が叶いませんでした。それでも、何とか頑張って本命3匹をGETすれば、サイズUPを目指しての大移動を決断です。
渾身力が試される投入で仕掛けをそっと静かに着底させて、動かぬ潮の喰い渋り対策を講じれば予見通りの微細魚信です。それから<決断アワセ>までの遣り取りは、鬼閃流の基本に則り渾身力が発揮されたのでした。しかし、驚愕の幻サイズ(2.5kg超)には、僅かに及ばず唇を噛みました!
11月13日 午前船・オニカサゴ
初挑戦の釣友を伴って範を示した大鬼GET!

いつも単独釣行の小阪 満さん(さいたま市)が、珍しく初挑戦の釣友を伴っての乗船です。こだわりの<鬼船>で研鑽に励む先輩鬼師としては、難敵に挑む謙虚な心構えは既に助言済みでした。
潮向きと流れが程好くて、潮上からの風が穏やかな最適のコンディションです。隣りの釣り座で早々に良型をGETされても、焦らず慌てずじっくりとその瞬間(とき)に備えは万全でした。抜群の活性にアタックを呼び込んで、快心のアワセが決まれば手応えは大鬼です。堂々サイズを掲げて、安堵の表情が印象的でした!
二度目の乗船でしたが序盤から快釣を果たす!
午後船・アカムツ
憧れて夢を叶えた感動サイズ(43cm・1.4kg)!

5月10日 午前船・オニカサゴ
初挑戦の新人組に常連として範を示した竿頭!

初乗船の新人さん達と乗り合わせたので、常連の鬼侍として範を示せとの<檄>に頷いてくれました。そして、大きな期待に応えるべく、開始から驚異的な集中で快釣ペースを維持です。
北野雅一さん(八潮市)は第一投目の魚信を捉えて針掛かりを果たし、船中1匹目の本命を見事に浮かせてくれました。それからも的確な誘い技が絶妙で、アタリを呼び込めばタモ師を奔らせてくれました。貧果に撃沈した初挑戦者の為にと、余裕の心で進呈すれば感謝の言葉に照れ笑いです。
釣友と挑んだ初挑戦者の初鬼GETは大鬼!
親子で挑んだ鬼船に戸惑いつつも良型本命!
11月12日 午後船・アマダイ
快進撃の爆釣モードで掲げた大型(46cm・1.5kg)!

初挑戦の新人さんが開始早々の第一投目から、いきなりの本命GETに活性を確信しました。潮は南から北へと程好く流れて、正確なタナ取りと的確な誘い技を駆使すれば連続ヒットです。
宮田閃勇さん(習志野市)がその瞬間(とき)にアワセを入れれば、強烈な三段引きに大型本命の感触が蘇えるのです。慎重に鋭い突っ込みをかわし乍ら、カウンターの数字を刻めば「タモをお願います!」の大声が船上に轟きました。美しく大きな美姫の魚体を浮かせて、無事にタモ取りすれば<ガッツポーズ>です。おめでとうございました!
5月9日 午前船・オニカサゴ
釣り仲間と初めて挑んだ鬼船で快進撃の竿頭!

会社の釣り仲間と一緒に初めての乗船で、出船前に真澄丸釣法をしっかり学んで出陣です。小道具の重要性を認識すれば、天秤・仕掛けは船宿オリジナルと即決です。
井野実夫さん(横浜市)は潮向きと風向きが真逆でも、釣り辛さに挫けず正確な底ダチを実践してくれました。鋭い感性で僅かな魚信を捉えれば、三連続の本命GETを成し遂げて堂々の竿頭となりました。しっかりと難敵の凄味と難しさを理解して、真摯に研鑽に励めば鬼師の称号も間違いありません。
11月6日 午前船・オニカサゴ
強風&大波の過酷な状況下でも大鬼GET!

強風と大波に大揺れの過酷な船上でしたが、鬼師が挑む緻密な頭脳戦に狂いは生じません。更には、潮も動かず喰い渋り模様でも、幹糸の傾きで操船意図を正確に掌握する事が出来ました。
三好 立さん(江東区)は序盤の痛恨バラシに唇を噛みましたが、直ぐに過ちを修正して万難を排する覚悟が顕著です。そして、厳選ポイントへと船を走らせ「ピンポイント狙い!」と告げれば、本領の発揮どころと集中をUPさせ魚信を捉えてくれました。巻き上げ途中の強烈に昂りを抑えつつ、海面に堂々の大鬼(1.6kg)を浮かせたのです。拍手喝采!
最後の投入に渾身を注いだ大鬼のイッカ釣り!
初乗船でも謙虚な学びの姿勢が釣果に結実!
5月8日 午前船・オニカサゴ
驚異的な大鬼の三連釣は夢サイズ(2.0kg)!

開始の第一投目から呼び込んだ微細な魚信を捉えれば、それからの流麗なる所作の逐一に迷いはありません。難敵の警戒心を巧みに解きほぐしながら、幹糸からの僅かな手応えに弛緩は均一を維持です。
部坂治閃さん(千葉市)が間合いを読み切り竿先を持ち上げた刹那に、鳥肌立ちの強烈な鋭い突っ込みを体感です。これこそが大鬼釣りの醍醐味と懸命に凌げば、それからの巻き上げも油断は禁物を百も承知です。開始から大鬼の三連釣を成し遂げた、門人会のホープには大きな飛躍が確信出来ました。
憧れた夢サイズに僅か及ばず(1.8kg)!
5月8日 午後船・カイワリ
活性度抜群の喰い盛りで横綱級(1.5kg)!

正確なタナ取りが功を奏して本命を連釣!
鋭い引き味と重量感で海面に浮かせた真鯛!
連続ヒットの強烈を堪能すれば大型メダイ!
タモ取りに大忙しの合間に浮かせたメダイ!
11月3日 午前船・アカムツ
投入毎に黒ムツの連釣を果たすも紅花は咲かず!

北風が強くて小雨模様でしたので、湾内でアカムツ狙いの出船となりました。満潮から引き潮へと向かう時合いに、南から北へと動く流れが期待値を膨らませます。
森田尚裕さん(八王子市)は久し振りの乗船でしたが、苛烈なストレスの解消と心身の癒しを願っての釣行です。そして、開始早々から投入毎に<クロムツ>をGETすれば、深海から長丁場の上品な引き味を幾度も堪能です。しかし、本命である<アカムツ>は針掛かりさせても、痛恨バラシの連続で歓喜の咆哮は聞こえません。大きな喜びと少しの悔しさを、クラーBOXに詰め込んで帰路につきました。
10月31日 午前船・オニカサゴ
多彩な誘い技を駆使して夢サイズ(2.2kg)!

潮の動きが鈍くて喰いも渋い時には、天秤・錘を巧みに操り付け餌の動きを演出するのです。<アタリ>が来ないと嘆く事を戒めて、呼び込むものと考えられれば為すべき事も多彩です。
池上悟空さん(横浜市)は幹糸の傾きから操船意図を理解して、船誘いに<阿吽の呼吸>でその瞬間(とき)に備えていました。そして、捉えた微細魚信に素早く幹糸を送り出し、間合いを読み切った<アワセ>は的確で所作の逐一は流麗でした。澄み潮の海中から鮮やかな紅色の魚体が、期待値に比例して一気に拡大すれば感無量です。堂々の夢サイズ(2.2kg)GETに乾杯!
嬉しい赤ムツ&赤鬼のイッカ釣りを達成する!
夢・幻サイズと信じて巻けば大鬼イッカ釣り!
切磋琢磨の門人仲間に励まされ鬼暖簾ポーズ!
5月6日 午前船・オニカサゴ
G.W.休暇に岐阜県からの鬼師が夢サイズ!

<こだわり>の鬼船に初乗船が七年程前でしたが、その折に住まいが岐阜県各務原市と聞いて驚いた記憶が鮮明です。いつもは近畿・東海がベースですが、遥々と年に数回の釣行に勤(いそ)しむ本格派の鬼師です。
塩路隆閃さん(岐阜県)の「浜松を過ぎればもう少し!」と語る笑顔に泣かされますが、鬼一筋に励む真摯な一徹者から師事されれば船長冥利です。次々と大鬼がタモ取りされていく中でも、まったく動揺せずに集中を維持して夢サイズ(2.0kg)GETに<喝采>を贈ります。
鬼道場の池上会長が愛弟子に挟まれご満悦!
宿敵の夢サイズを猛追すれど僅かに及ばず!
鬼閃流釣法を敬う先達から真摯に学び鬼暖簾!
風上と潮上が一致した程好い流れは活性抜群!
危うい針掛かりを反省して課題はサイズUP!
10月28日 午前船・オニカサゴ
急峻で根深い難関ポイント攻めで快心GET!

10月25日 午前船・アマダイ
手堅く本命を掲げても大きな夢は果たせず!

秋晴れの穏やかな陽射しが心地良く、吹き渡る海風も僅かに海面を揺らす快適釣行でした。大型<50cm超>の美姫に狙いを定めて、のんびりとリラックスした気分での出陣です。
遠武悟孝さん(葛飾区)は開始早々に良型の真鯛をGETして、更には嬉しい<イトヨリ・アジetc>と定番外道を連釣です。そして、後半の大移動から<90mダチ>の深場狙いに移れば、巧みに愛竿を操る効果的な誘いが本命のアタックを呼び込みました。目標サイズには僅かに及びませんでしたが、良型の美姫を掲げて満面の笑顔が船上で煌めきました。
外道でも良型の真鯛がヒットすればご満悦!
5月3日 午前船・オニカサゴ
直前の痛恨バラシを糧に渾身の大鬼GET!

良型キープは果たしてもサイズUPを虎視眈々と、これが最後の投入と告げられて一気に集中力を急上昇させました。そして捉えた魚信察知からの決断<アワセ>が決まれば、巻き上げスタート直後の強烈に夢(2kg超)・幻(2.5kg超)サイズを確信です。
関根宣洋さん(桶川市)の針掛かりが完璧な刺し位置でなかった為に、大鬼の凄味が勝り無念の痛恨バラシに唇を噛みました。そのまま仕掛けを再度着底させて挑むように指示すれば、落胆モードが払拭されて直ぐにチャンスが到来です。今度こそと歓喜のタモ取りを果たせば、間一髪で大鬼(1.8kg)の口先から針が外れてしまいました。<Good Luck>に乾杯!
開始直後の第一投目は感激GETで雄叫び!
動かぬ潮の喰い渋りは腕に覚えの面目躍如!
10月22日 午前船・オニカサゴ
驚愕を堪能した大鬼(1.8&1.2kg)のイッカ釣り!

真澄丸HPの<こだわり>に興味を抱き、しっかりと釣法を読み込んで初乗船してくれました。ポイント迄の航程を無為には過ごさずに、常連さんに歩み寄って教えを乞う姿勢に可能性を感じました。
地主 誠さん(世田谷区)は波・ウネリに大揺れの厳しい状況でも、しっかりと集中して懸命に頑張ってくれました。潮が動かず船誘いも戸惑い気味でしたが、気迫のピンポイント狙いの攻略法が功を奏したのです。その強烈な感触に驚愕しつつも、緊張感を持って巻き上げれば大鬼(1.8kg&1.2kg)のイッカ釣りを達成です。感動・感激の新人さんに拍手喝采・万歳三唱!
10月21日 午後船・アマダイ
海水温の低下は美姫シーズンとサイズUP!

良型のホウボウ&アマダイをWヒットさせて!
4月30日 午前船・オニカサゴ
船中1匹目は大鬼GETからの爆釣スタート!

今迄は先輩釣師の愛竿を借り受けていましたが、新たに購入した鬼竿を持参して意気込みを示しました。好天にも恵まれ風も穏やかな好条件となれば、集中力を倍増させアタックを呼び込む術は冴え渡ります。
木川 学さん(君津市)が「上げて!」の合図にゆっくりと誘い上げれば、竿先が僅かに揺れて待望の魚信を察知です。幾度もの途中バラシの体験から、早巻きは禁物とゆっくり慎重巻きに徹しました。群青が映える澄み潮の海面を紅色に染めて、堂々サイズの大鬼(1.5kg)GETから快進撃がスタートです。
釣友の快進撃に喝采を贈りつつ猛追を果たす!
基本技を学び餌付けの範を示され感激GET!
昨日の感動に酔いつつ夢舞台を艶やかに彩る!
憧れの夢・幻サイズに挑む覚悟は鬼師の誉れ!
宿敵の大健闘に奮起した誇り高き鬼師の堂々!
10月20日 午前船・アカムツ
常連さんの熱望に応じれば歓喜の大型GET!

10月20日 午後船・アマダイ
大型GETと確信したのは惜しくもホウボウ!

10月19日 午前船・オニカサゴ
憧れ続けた夢サイズ(2.1kg)GETに大感激!

昨年の10月14日が初乗船で、それからの研鑽努力は目覚ましく際立っていました。真澄丸の<こだわり>に共感を抱き、常連鬼師の薫陶を得て真摯に励んできたのです。
野口悟政さん(さいたま市)は動かぬ潮の喰い渋りで苦戦の最中(さなか)に、敬愛する師匠から電話での助言に対策を講じた直後でした。僅かな竿先の変化を魚信と捉えて、間合いを読み切った決断アワセに迷いはありません。「過去に経験がない感触!」と言いながら、危うい針掛かりを想定しての巻き上げは流石(さすが)です。堂々たる夢サイズ(2.1kg)GETに、心からの喝采を贈らせてもらいます。
その強烈を懸命に凌げば大鬼のイッカ釣り!
4月29日 午後船・アカムツ
指示ダナの修正が見事に的中した大物GET!

今日から二日間の連続釣行で挑む鬼師が、午後船を<アカムツ>狙いの定番へと押し上げてくれました。本格的に挑むのは初めての経験との事なので、仕掛けや餌付けの工夫と誘い方を学び実践です。
宮田閃勇さん(習志野市)が投入毎に本命らしき魚信を捉えても、巻き途中で<サバ>の猛攻に本命バラシの連発です。それでも、挫けずにヒットさせて海面に浮かせれば、鮮やかな紅色ではなく<クロムツ>ばかりでした。ポイントを移動して<タナ>を少し上げての指示に、明確で大きな<アタリ>に今度こその思いで慎重に巻き上げました。海面を赤く染めて浮いたのは、夢見た大型の<アカムツ>でした。拍手喝采!
連続ヒットの上品な引き味は感激イッカ釣り!
色違いのクロムツでも喰い盛れば嬉しい外道!
10月18日 午前船・オニカサゴ
至福極楽タイムの満喫には鬼釣り三昧と達観!

10月18日 午後船・アマダイ
大型の忘れ得ぬ強烈なる三段引きは叶わず!

10月16日 午前午前船・オニカサゴ
釣友の快釣ペースにも心は乱れず余裕あり!

北東風が強く吹き大揺れの船上でしたが、潮の向きと流れは良好でアタックは頻繁でした。初挑戦の新人さんには過酷な状況模様でも、全員がしっかり集中を維持して懸命に頑張ってくれたのです。
曽根信之さん(目黒区)は釣友の快釣ペースに先を越されましたが、焦らず慌てずその瞬間(とき)に備えは万全でした。そして、捉えた微細魚信に素早く的確な対応には、迷いは生じず一切の手抜かりはありません。唯一の<真澄丸>経験者として、笑顔の撮影ポーズに安堵の色が窺えました。
大揺れの舳釣り座で懸命に集中力を発揮して!
昨日の午後船から二日連続して難敵に初挑戦!
4月26日 午前船・オニカサゴ
本格派が勢揃い切磋琢磨の競演会で鬼暖簾!

沖釣師の多くは釣果にのみ固執して、腕を磨き上達する事には無頓着です。そんな輩(やから)が興味本位で大鬼釣りに挑んでも、少ないアタリを嘆いたり貧果を愚痴るのは本末転倒です。
野口政己さん(さいたま市)は釣果UPもサイズUPも腕次第と痛感して、我流の悪癖を忘却の彼方へと押し遣り腕磨きに邁進です。釣行毎に鬼釣り仲間との切磋琢磨を楽しみながら、その日その時の最善を探り出せば納得釣果も必然です。いつでも心の内は晴雨なくて、五月晴れの如き鬼釣り人生を歩んでください。鬼暖簾ポーズ万歳!
高難易度のポイント攻略に燃えた鬼師の快心!
根掛かりを恐れず深根を攻めた渾身の大鬼!
4月27日 午前船・アカムツ
最新釣果の記事に刺激され切望した夢の再演!

一昨日の釣果情報に載った大型の<赤い宝石>に刺激され、釣りたい食べたいの衝動に駆られた鬼侍が挑戦を切望です。今日は午前6時52分が満潮となり、それから下げ潮に入る時合いに期待が持てました。
小阪 満さん(さいたま市)が序盤から順調に<クロムツ>をGETしても、狙いは<アカムツ>と泳層を懸命に探ります。そして、指示に従い底から7.5mまで仕掛けを持ち上げ、巧みな誘い落としにヒットしたのが大型の本命でした。その上品な引き味と感触に、更には美しい魚体にすっかり魅了されたようです!
10月15日 午前船・オニカサゴ
荒れた海でも抜群の察知力で鬼暖簾ポーズ!

10月15日 午後船・アマダイ
初乗船の新人さんが第一投目に本命GET!

初めてのアマダイ釣りで諦めず有終を飾る!
4月25日 午後船・アカムツ
深海の赤い宝石は感動サイズ(45cm・1.3kg)!

深海の赤い宝石に魅せられた鬼釣師が、心地良い五月晴れの目覚めに誘われて出陣です。ゆったりと身支度を整えれば、慌てることなく悠々と午後船に乗船が叶います。
池上悟空さん(横浜市)は<安らぎと寛ぎ>の時空は船上にありと、満喫人生の<輝きモード>をジャッキUPするべく勤(いそ)しんでます。今日も<念ずれば花開く!>の信念が天に通じて、大型アカムツ(45cm・1.3kg)を感激GETしてくれました。至福極楽タイムの共有が叶えば船長冥利です!
10月12日 午前船・オニカサゴ
北風の逆潮で厳しい模様も困難を見事に克服!

4月24日 午前船・オニカサゴ
五年間の海外勤務を経て鬼師が復活の渾身!

中国・北京駐在の海外勤務から五年の歳月が流れ、大任を無事に果たして帰国が叶いました。貴重な端渓石の硯(すずり)を手土産に携えて、明るく元気な笑顔との再会は感無量です。
森田尚裕さん(八王子市)が帰国して直ぐに電動リールを購入すれば、研鑽に励んだ<腕の冴えと感の鋭さ>を蘇らせるべく勇躍しての出陣です。5年間の永いブランクに不安気でしたが、船中1匹目となる大鬼(1.5kg)GETに大感激です。これからも大いに研鑽に励んで、白寿の鬼師を目指して<満喫人生>を歩みましょう!再会と復活に万歳三唱!
助言に従い真澄丸仕掛けを購入直後の大鬼!
10月10日 午前船・アカムツ~オニカサゴ
誘い技が冴えて大型(42cm・1.4kg)の快心!

北東風が強く吹き波・ウネリもあったので、快適な湾内の近場で<アカムツ>を狙いました。勿論、手堅く赤い宝石をGETすれば、後半戦は大鬼狙いへと移行の予定です。
野口悟政さん(さいたま市)は大鬼釣りで培った誘い技の転用を図り、創意と工夫を駆使すれば釣果は必然と自信が漲っていました。そして、宿敵の釣友が良型クロムツを海面に浮かせた直後に、本命のアタリを呼び込み「大きい!」と叫んでリーリング開始です。幾度もの悔しかった途中バラシを糧として、慎重巻きに徹すれば大型のアカムツ(42cm・1.4kg)が無事にタモ入りです。おめでとうございました!
4月23日 午前船・オニカサゴ
二度目の乗船でも心得と覚悟は正真正銘!

雲間から時折の陽射しが暖かく、風も穏やかなベタ凪の快適釣行でした。しかし、開始から終盤に至るまで潮がまったく動かず、初心者にとっては喰い渋りの厳しい状況となりました。
永富 聡さん(豊島区)は以前から<HP>で<真澄丸>を知って、釣友と一緒に釣行を目論んでいたようです。ところが、その釣友が先行して単独釣行を果たし、頻繁に<最新釣果>に誇らしく堂々と載れば地団駄を踏むだけでした。今回は二度目で単独の乗船でしたが、喰い渋りもまったく意に介せず鬼暖簾ポーズです。ライバルへ電話での釣果報告が、大変に誇らしく嬉しそうでした!
横綱級の痛恨バラシに復活を為す鯱ポーズ!
初乗船者が動かぬ潮の喰い渋りを辛抱我慢!
10月4日 午前船・アカムツ&オニカサゴ
クロムツの連続ヒットで海面は赤く染まらず!

本命のダブルと期待すればクロのイッカ釣り!
早潮の突っ込みで本領を発揮した鬼師の気炎!
4月21日 午前船・アカムツ&クロムツ
黒の入れ喰いを避けてタナUPが赤に的中!

夢・幻サイズの大鬼を狙って出船しましたが、南西風が強く波もあるので<気楽に安全第一>と予定を変更です。近場の湾内は穏やかでしたので、贅沢に<赤と黒>のムツ狙いとなりました。
衣非 卓さん(千葉市)は仕掛けを着底させて、糸フケを取るたび魚信を捉えていました。道中が長いので途中バラシも頻発でしたが、投入毎にクロムツを浮かせて満面の笑みです。それでも、紅花が咲かせたいの思いを抱いて、着底させずに底から10m程切れば願い通りの<アカムツ>GETです。BIGな紅花を両手に掲げて、堂々と本懐を遂げてくれました!
着底直後の連続ヒットでクロムツ暖簾を達成!
10月2日 午後船・アマダイ
大型を狙うも夢は叶わずに無念の鯱ポーズ!

9月30日 午前船・アカムツ&オニカサゴ
大感激の咆哮が船上に轟く(46cm・1.6kg)!

期待を込めた開始の第一投目から早々のアタリで、バラシを恐れながら慎重巻きに徹していました。タモを構えて海中を凝視すれば、胴付き仕掛けに<アカムツとクロムツ>がイッカで浮上です。
内野広志さん(佐倉市)はこの感激スタートを皮切りに、驚異的な快釣ペースを達成です。そして、圧巻だったのが鋭く強烈な感触に、「これは凄い!」の興奮を制御しつつ<水深300m>からの挌闘でした。自己記録を遥かに凌ぐビッグサイズ(46cm・1.6kg)GETに、惜しみない拍手喝采浴びながら万歳三唱が船上に轟きました。
第一投目に赤・黒のイッカ釣りは歓喜の予感!
幻サイズと確信すれば大型カンコ(3.5kg)!
4月16日 午前船・オニカサゴ
途中バラシを猛省した鬼師が大鬼GET(1.8kg)!

開始の第一投目から誘い技が冴え渡り、遅潮の喰い渋りを苦にする様子はありません。それでも、しっかりと針掛かりさせたつもりのリーリングで、途中バラシを繰り返せば甘い針掛かりを反省です。
宮田閃勇さん(習志野市)はアワセが早かったと猛省ですが、獲物の振り向きざまを感知せよとの助言に<目から鱗>と納得でした。単純に早いとか遅いとかに固執しがちですが、針を口に含ませて振り向く場面へ誘(いざな)う事こそ要諦なのです。そして、先針を完璧な左45度・口先15mmの刺し位置で捉え、堂々サイズの大鬼(1.8kg)を海面に浮かせてくれました。
頭脳戦のイロハを学んで挑めば感激サイズ!
サメと誤認の落胆巻きで鬼&メダイをGET!
4月16日 午後船・カイワリ
正確な指示ダナに仕掛けを保てば本命GET!

ベタ底で大型アマダイ狙いでヒットした外道!
4月20日 午前船・オニカサゴ
難しさこそ醍醐味と技量UPに一路邁進する!

風向と潮流を常に把握する事で、天秤・仕掛けの向きが認識出来るのです。それに海底地形が加味された天秤・錘と付け餌の、鮮明画像を脳裏に描きながら<鬼釣り>をするのです。
馬 宏(マー・ホン)さん(横浜市)が懸命に描き出す画像は、<ピンぼけ>の霞入りでも励む覚悟を明言です。触発された勢いで<軟調子竿>に変えましたが、微妙な竿先の動きが読み取れるまでは辛抱・我慢が続きます。魚信を捉えてからの対処・対応に課題ありの指摘に、怪訝に首を傾げながらも早速の修正は見事でした。
9月28日 午前船・アカムツ&オニカサゴ
怒涛の快進撃で大型(46cm&43cm)を3連釣!

南西風が強くなる予報でしたので、常連の総意で近場の<アカムツ&オニカサゴ>狙いとなりました。既に大島では風速12mを超えていましたが、館山湾内は穏やかで安全に気楽に楽しめます。
石井閃芳さん(江戸川区)は開始早々から快釣ペースで、船中1匹目の本命は<43cm・1.5kg>の感激サイズでした。直後の投入では、更なるサイズUPを確信させる手応えに、途中バラシを懸念してゆっくりと運べば<46cm・1.6kg>の感動サイズを浮かせてくれました。これには宿敵の猛者連も拍手喝采です!
流石に真打ち登場と宿敵達を唸らせた堂々!
敬愛の師から誘われて大感激の釣果に満悦!
釣れ盛りを満喫しつつ時折のクロムツも歓喜!
連釣のクロムツでV字サインも至福極楽なり!
最後の投入で正真の鬼師が狙えば大当たり!
4月10日 午前船・オニカサゴ
動かぬ潮の喰い渋りでも創意と工夫の鬼暖簾!

南西風が徐々に吹き上がる予報でしたが、昼過ぎまでは穏やかで快適な釣行日和でした。それでも、若干のウネリがあり底取りには工夫が求められ、潮の動きも鈍くて方向も定まらぬ喰い渋りでした。
三好 立さん(江東区)は高い集中力と逐一の解析力が肝心と心得て、投入回数を重ねポイント移動を繰り返す度に攻め手を工夫です。喰い渋りに<アタリ>が来ないと愚痴らず嘆かずに、釣師の腕で<アタリ>は呼び込むものと一人悦に入るのが鬼師です。堂々たる鬼暖簾ポーズに乾杯!
先輩鬼師の熱い語りに共感して再挑戦の雪辱!
ネット検索で探し当てた初乗船者が大鬼(1.8kg)!
釣友の大鬼GETに奮起した堂々サイズの追撃!
鋭い感触に期待すれば<イシナギ>をGET!
積極誘いが功を奏した嬉しい外道のカイワリ!
4月10日 午後船・カイワリ
多彩な外道が入れ喰いモードで大忙しのタモ師!

それでも本命を掲げれば笑顔が弾けて大満足!
9月26日 午前船・オニカサゴ
常連鬼師の助言に学び初挑戦者が初鬼GET!

鬼釣りが初挑戦の新人さんでしたが、常連の鬼師から懇切丁寧な助言を得て頑張ってくれました。勿論、真澄丸釣法はしっかりと読み込んで、心得と覚悟はベテランの鬼侍に負けていません。
市川大集さん(渋谷区)は雑誌の記事を見て「こだわり船」を知り、勇気ある決断をして只一人で初挑戦してくれました。基本から謙虚に学ぶ姿勢が際立っていて、抜群の理解力と懸命に実践しようとする集中力も充分な資質が窺えました。正確な底ダチから僅かな魚信を捉えれば、基本を踏襲した遣り取りは一部の隙もありません。感激の初鬼は良型で、掲げた笑顔が船上に煌めきました!おめでとうございます!
9月25日 午前船・オニカサゴ
悶々と痛恨を重ねた泣きの1投で大鬼GET!

その重量感に幻サイズと確信すればミズダコ!
9月24日 午前船・オニカサゴ
大鬼が深根に潜り込んでからの堅剛を制す!

真潮が程好く流れていればと、期待を抱いて沖へと向かいました。ポイントに到着すると「念ずれば花開く!」の如くで、潮向きも流れも待望の状況に気合が入ります。
小阪 満さん(さいたま市)は難しい深根の急峻な掛け上がりを、戸惑いながらも懸命に巻き上げつつ底ダチをキープです。そして、捉えた僅かな魚信に間合いを計れば、深根に潜られ根掛かり状態から抜けられません。それでも、無理は禁物とテンションをかけ続けながら、勝機と直観した瞬間に一気呵成が功を奏したのです。最後まで諦めない気迫が、奇跡の大鬼GET(1.9kg)を呼び込みました!
4月9日 午前船・オニカサゴ
初乗船のHP愛読者が自己記録を更新(1.9kg)!

今迄に鬼釣り経験は3回だけで、自己記録が1kg位との事でした。鬼釣りで<HP>を検索してからは、すっかり愛読者となり最新釣果を楽しんでいたとの事です。
関本 淳さん(さいたま市)は意を決しての初乗船でしたが、出船前に真澄丸釣法を真摯に学んでくれました。そして、難易度の高い上級者ポイント攻めで、感激の自己記録を更新する大鬼(1.9kg)を見事にGETです。その後も順調に釣果を伸ばして、初乗船ながらも堂々の竿頭となりました。おめでとうございます!
新人の快挙を拍手で称えた直後に大鬼GET!
真髄に迫る基本釣法を直伝されて有終を飾る!
鬼釣りの情熱を再燃させた鬼侍が堂々ポーズ!
4月9日 午後船・カイワリ
本命と確信の強烈にタモ取りすれば大ヒラメ!

小振りでも本命をGETすれば先ずは一安心!
9月19日 午前船・カイワリ
嬉しい外道が釣れ盛り大忙しで本命GET!

9月19日 午後船・アマダイ
初挑戦の新人さんが良型本命を感激GET!
9月18日 午前・アカムツ&オニカサゴ
狙い通りの誘い効果は抜群で本命をGET!

誘い落としで思惑通りの良型ヒットに感無量!
4月6日 午前船・オニカサゴ
春爛漫を彩る紅花で染め上げた鬼侍の夢舞台!

<こだわり>の鬼船に通い始めて15年の歳月が流れても、鬼釣りへの熱い情熱は少しも変わらぬ孤高の鬼侍です。厳しい海況も激しい潮流も千変万化は世の習いと、まったく厭わず<嘆き節>とは無縁で心が乱れる事などありません。
衣非 卓さん(千葉市)は抜群の集中力がいつも際立ち、遅潮の喰い渋りでしたが巧みな誘い技でアタックを頻発です。勿論、それから<アワセ>までも対処法は引き出しが豊富で、その日その時に適した間合いが肝心要と心得ています。堂々サイズの良型6匹GETして3匹キープすれば、残りを新人さんにと笑顔で進呈してくれました。
初乗船の鬼釣り経験者が真澄丸釣法を学んで!
初挑戦の新人さんが初鬼GETで拍手喝采!
9月16日 午前船・オニカサゴ
真潮が程好く流れれば渾身の鬼暖簾ポーズ!

少々控え目ながらも納得アワセに御満悦!
9月13日 午前船・クロムツ&アカムツ
開始から順調に連釣を果たせば夢も膨らむ!

4月3日 午前船・オニカサゴ
鬼閃流・定例研鑽会を制した竿頭(1.9kg)!

鬼道一筋と覚悟して一途に研鑽を重ねて、<極めれば閃く!>の境地まで共に励もうが合言葉です。鬼閃流・師範を目指して切磋琢磨の精進こそが、夢(2.0kg超)と幻(2.5kg超)に繋がる王道と信じて迷いません。
大野閃啓さん(佐倉市)は波高3mの大波も2ノットの早潮もまったく苦にせず、為すべき事のみに集中して抜群の感度が冴えました。開始直後の船中1匹目から爆釣街道を先駆けて、好敵手の猛追にも余裕で追釣を重ね竿頭となる大鬼(1.9kg)をGETです。掲げた笑顔が満足度の証です!
快進撃はイッカ釣りからで良型6匹をGET!
近づく低気圧のもたらす影響からか、波が高くウネリも大きく大変に厳しい模様でした。更には、真潮が2ノット前後で流れれば、直ぐに200号錘に変更するのも已む無しです。
阿部閃身さん(日野市)は門人会・池上会長の助言を得て、愛竿を15cm短く切り詰めて今回が3度目の釣行です。ようやく慣れ始めた感が自信を再び呼び戻したのか、過酷な状況下でも確実にアタリを捉えて驚異の快進撃です。開始の1投目から大鬼(1.5&1.3kg)イッカ釣りを掲げ、その後も次々と良型の連釣を重ねて門人仲間を唖然です。いつの日にか必ず夢開くの信念を支えに、艱難辛苦を乗り越え牛歩の如き進歩も厭わずが報われました。この大飛躍を本物とすべく、昨年度の覇者から鬼横綱を奪還してください。これこそが池上会長の大恩に報いる恩返しとなるのです!
大波と早潮が難易度を上げても快心の鬼暖簾!
悶々と迷いながらも活路を開き有終を飾る!
研鑽会に参加した門人会メンバーの揃い踏み!
9月12日 午前船・オニカサゴ
遅潮から一気呵成の早潮も対処対応は万全!

中盤戦に至るまで潮がまったく動かず、喰い渋りでしたが好機は必ずの信念は揺るぎません。「念ずれば花開く!」と常にポジティブが鬼侍の信条と、為すべき時の為すべき事に集中を持続させていました。
加藤 隆さん(横浜市)は終盤になって200号錘へと変更が告げられ、早潮釣法へと<攻略スウィッチ>の切り替えは万全です。的確に底取りを修正して天秤・仕掛けを落ち着かせれば、待望の僅かな魚信に素早い対処で針掛かりを成し遂げました。ゆっくりと慎重な巻き上げでしたが、海面まで生体反応がなくても疑念は抱きませんでした。
9月11日 午前船・アマダイ
美姫狙いのシーズン到来と幕開けに快進撃!

天候が悪く風も強かったので、常連さんの希望を叶えて<アマダイ>狙いに変更です。いよいよ本格的な美姫シーズンの到来と、<2kg>を超える大物の強烈が脳裏に蘇ります。
金 在天さん(足立区)は上げ潮へと動き出す良好な時合いに、大いに期待値を上昇させるのも頷けました。そして、開始早々の鋭い突っ込みに手応えは十分と、三段引きを余裕で楽しみながらタモ取りの要請です。それからも順調に釣果を伸ばして、美姫狙いの幕開けを華々しく飾ってくれました。
追釣劇を演じて良型を4匹GETで福笑い!
3月26日 午前船・オニカサゴ
第一投目に自己記録を更新した大鬼(1.9kg)!

真澄丸HPを見て独自の釣法と<こだわり>にすっかり共感して、いつも最新釣果は欠かさずチェックしてくれる熱心な愛読者でした。そして、今年の1月に☎で鬼竿”閃”(HIRAMEKI・2020)の購入申し込みを済ませ、オリジナルロッドの完成を待っての初乗船が2月19日でした。
小阪 満さん(さいたま市)は二度目の釣行で見事な大鬼(1.7kg)を釣り上げ、新竿に大鬼の魂を入れ込む事が出来たのです。そして、今回は開始早々の第一投目に更なる大鬼(1.9kg)を釣り上げ、感激の自己記録更新を達成してくれました。その後も快釣ペースは維持されて、良型3匹の追釣を果たせば「閃竿は最高です!」の嬉しい言葉も頷けます。次は夢(2kg超)・幻(2.5kg超)サイズを目指して頑張ってください!
状況の変化を的確に捉えた即応が基本と認識!
外道の対処法を助言された直後に本命イッカ!
9月10日 午前船・オニカサゴ
その強烈を懸命に耐えイシナギのイッカ釣り!

それは掛け下がりから掛け上がりのポイントへと、船を走らせ移動した直後の投入でした。天秤・仕掛けをそっと静かに着底させて、僅かな糸フケを取る為にゆっくりと巻き上げ錘を海底に立てていたのです。
奥野賢二さん(上尾市)が魚信を捉えたのはその直後で、僅かに幹糸を送り出し<アワセ>の間合いを見定めていると!
直ぐに強烈な突っ込みに遭遇したので、嬉しい獲物と確信すればそれからは慎重に無理はしません。「残り20mです!」の声に応えてタモを小脇に身構えればれば、海面には良型の<イシナギ>がイッカで出現しました。2匹の嬉しい外道が無事に取り込まれて、沖釣人生で初めての釣果に大感激してくれました。
遅潮の喰い渋りでも辛抱我慢で本命をGET!
9月7日 午前船・アカムツ
最後の投入で大型本命(46cm・1.3kg)GET!

台風13号が北上中で南西風が強く、ウネリもあったので安全第一と近場の湾内で<アカムツ>を狙いました。序盤戦は潮が動かず喰いも渋くて、嬉しい定番外道がヒットするだけでした。
野口悟政さん(さいたま市)はタナ取りと誘い方の助言を得て、持参した特餌に工夫を凝らし時合いを待ちました。そして、満潮からの下げ潮が好機とばかりに、その瞬間(とき)を捉えれば夢芝居の幕開けです。池上会長から「凄い!」の感嘆詞に奮い立てば、驚異の四連釣の快挙を達成してくれました。そして、最後が告げられたクライマックスには、本人の自己記録となる大型(46cm・1.3kg)を海面に浮かせてくれました。
抜群の特餌効果で四連釣を果たせば大感激!
多彩な誘い技を駆使してのアピールが結実!
竿頭を目指すも僅かに及ばず後塵を拝する!
3月25日 午前船・オニカサゴ
捉え難い魚信を察知すれば夢サイズ(2.2kg)!

誰もが憧れと畏敬の念を抱く夢(2.0kg超)・幻(2.5kg超)サイズの第一魚信は、極小・微細で捉え難いと正真の鬼師ならば百も承知です。それを察知してからの<アワセ>に至る道程も、一筋縄とはいかぬ多様なパターンが戸惑いを誘発させるのです。
池上悟空さん(横浜市)は昨年度の鬼横綱(2.6kg)ですが、千回・万回の経験を重ねても今もなお初心者と自認です。驕りとは無縁の謙虚な姿勢が常に貫かれ、難しさこそが醍醐味と一途な研鑽・努力を怠りません。強烈パワーで根に突っ込まれましたが、練磨の手腕を発揮して引き出しに成功です。憧れの夢サイズ(2.2kg)GETに、拍手喝采を贈ります!
極限の集中レベルで有終を飾った大鬼GET!
真澄丸オリジナルの鬼竿<閃>に入魂の大鬼!
真澄丸釣法の修得こそ夢・幻サイズへの王道!
その強烈に落胆巻きを諫められてアラGET!
9月4日 午前船・オニカサゴ
鬼道場の定例研鑽会で第一投目から範を示す!

行く手には見事に美しく大きな<虹>の架け橋で、これから夢舞台へと意気揚々の猛者連を大いに励ましてくれました。鬼道場の門人仲間が参集する研鑽会の船出には、これ以上の演出効果はないとばかりに全員で記念撮影です。
池上悟空さん(横浜市)は門人会の会長として常に範を示し、熱い鬼師の心意気を温かく見守り支え続けてくれています。自らの名を冠した難攻不落の<池上ポイント>攻めで、開始早々の第一投目から真っ先に先陣を切る大鬼を掲げてくれました。惜しみない拍手喝采を浴びての撮影から始まれば、心優しき穏やかな鬼師連の血潮も沸き立つのは必然です。
門人仲間の叱咤激励に一念発起の大鬼GET!
難易度が高い険しい深根攻めで真価を発揮!
謙虚な姿勢で助言を求めて釣果UPに反映!
兄弟子を気遣い真摯な弟弟子には懇切に応答!
小アラでのポーズに兄貴分も苦笑いの面目!
3月21日 午前船・オニカサゴ
真冬並みの寒さも抜群の活性に心は沸き立つ!

時折の氷雨が小雪に変わるような、厳しい寒さの中でいささか凍えました。それでも、真潮が程好く流れて活性が増せば、熱き血潮が沸き立って無我夢中です。
金 在天さん(足立区)は連れ立った釣友の快進撃に刺激され、腕に覚えありの自尊心に炎を灯してくれました。釣果で先行は許したものの、一気に追い上げて抜き去る自信満々です。そして、迎えた最終盤に捉えた第一魚信で、鋭く大鬼と察知すれば対応に迷いはありません。お見事でした!
3月21日 午後船・カイワリ
定番外道が喰い盛れば期待通りの本命GET!

3月23日 午前船・オニカサゴ
こだわり船に共感の鬼侍が真澄丸流に心酔!

明け方まで吹いていた南西風の影響が残り、海上は波が高くて大変に厳しい状況模様でした。それでも、少しづつ風も波も収まると判断して、ゆっくりと沖のポイントへ船を走らせました。
馬 宏(マー・ホン)さん(横浜市)は先週の金曜日が初乗船で、すっかり<こだわり>の鬼船に共感しての再挑戦です。豊富な鬼釣り経験者でしたが、真澄丸流に魅了されれば初心回帰も即断でした。今迄に修得済みの知識と経験がまったく通用しないと気付けば、大鬼狙いの難所攻めは謙虚に学ぶ姿勢が求められるのです。「これから焦る事なくじっくり研鑽に励む!」の決意が、直ぐに釣果に反映させる腕前は正真の鬼侍でした。
本命と信じて海面に浮かせれば大ダコに苦笑!
8月27日 午前船・オニカサゴ
船中1匹目を掲げれば更なるサイズUPを!

取材カメラを掲げ船上を奔りつつ本命GET!
イシナギ&小鬼のイッカ釣りに微笑みポーズ!
3月20日 午前船・オニカサゴ
二度目の鬼釣り挑戦で初鬼GETは竿頭!

僚友に誘われ難敵に挑んだ前回の初挑戦では、難しさを覚悟の上でも釣果は得られず悔しさを痛感です。それでも、誇らしげに笑顔満面の先輩諸氏の雄姿を見て、必ずや我が手にもと再挑戦を決断してくれました。
梅津卓也さん(郡山市)は釣友の優しく懇切なサポートにも支えられ、大波に翻弄されながらも集中を維持して頑張りました。そして、見事に微細魚信を捉えて針掛かりを果たし、生涯の初鬼を船中1匹目で釣り上げてくれました。感激GETの初鬼を掲げれば、隣り釣り座の先輩も駆け付けて祝福です。
僚友の初鬼GETを称えた直後に快心GET!
千両役者が後半戦に面目躍如の猛追で鬼暖簾!
初乗船の新人さんが真澄丸・釣法を学び実践!
8月26日 午前船・オニカサゴ
悔しさ募らせ渾身力を磨いて大鬼(1.8kg)GET!

大鬼との真剣勝負に連勝を果たすは至難と心得て、素直に完敗を認め謙虚に敗因を解析すれば進化は必定です。千回・万回の悔しい経験こそが誇らしき勲章と、痛恨・慙愧を噛み締め味わい尽くせれば正真の鬼師です。
北野雅一さん(八潮市)は悔しさも鬼釣りの醍醐味と認識出来る稀有な鬼侍で、リベンジに燃え立つ闘志を冷静沈着に鎮めつつ挑み続けました。そして、その瞬間(とき)に備えは万全で、的確なる間合いからの決断アワセは完璧でした。無事にタモ取りを果たして針掛かりを確認すれば、大鬼(1.8kg)の口先1.5cm・左45度に見事に刺し込まれていました。
イッカ釣りからは良型を連釣モードで絶好調!
鬼釣り初挑戦の新人さんが感激の初鬼GET!
3月16日 午前船・オニカサゴ
潮向きと風向きが真逆でも閃きが冴え渡る!

逆潮(南から北へ)の北風は船首が潮下に向く為に、天秤・仕掛けを海底に落ち着かせるのが困難となります。それでも、しっかりと脳裏に画像を描き出して、底取りとトレースを工夫すればアタックは呼び込めます。
土屋芳民さん(調布市)は海底の状況を正確に把握する事を心掛け、底取りとトレースに変化をつけながら掛け上がりを攻略です。捉え難い魚信も抜群の感度で捉え、直後の糸送りにも微妙な修正は見事でした。アワセの間合いにも一工夫が窺えれば、途中バラシの不安も払拭する完璧な針刺し位置に拍手です。
3月16日 午後船・カイワリ~アマダイ
訪ね来る賓客の為にと美味満喫の2種目狙い!

3月18日 午前船・オニカサゴ
謙虚な姿勢と抜群の集中力で鬼暖簾ポーズ!

真澄丸HPの熱心な愛読者で、最新釣果をいつもチェックしていたとの事です。沖釣りファンで多彩な魚種を楽しみながら、鬼カサゴにも興味を抱き経験を重ねてきました。
馬 宏(マー・ホン)さん(横浜市)は難しさに魅力を感じて、本格的に研鑽に励もうと単独での初乗船です。自作の仕掛けを持ち込みましたが、真澄丸オリジナルの天秤・仕掛けの購入を直ぐに決断してくれました。そして、釣法説明に耳を傾け懸命に実践すれば、遅潮の喰い渋りでしたが順調に釣果を伸ばしてくれました。一匹の価値をしっかりと理解して、「難しいから面白い!」の言葉に将来性を実感です!
8月25日 午前船・オニカサゴ
最後まで諦めないを実践した感激フィナーレ!

投入毎に魚信を捉えても針掛かりを果たせず、幾度も<付け餌>だけが掠め取られていました。それでも、それは活性ありの証明とポジティブに、高い集中力で挑み続けてくれました。
鈴村 淳さん(江東区)は定番外道の<ノドグロカサゴ>がヒットすれば、本命GETの兆しありと底取りに修正を加えて臨機応変です。そして、これが最後の投入と告げられ念力に拍車をかけると、待望の微細魚信を捉えて感激サイズで有終を飾ってくれました。万歳三唱!拍手喝采!
8月24日 午前船・オニカサゴ
複雑な海底状況の把握こそが要と大鬼GET!

降雨予報が外れて雲間からの陽射しが眩しく、風も穏やかで洋上は快適な釣行日和でした。頼もしい<正真>の鬼師が揃い踏みとなれば、平坦ながらも起伏が激しい難所攻めを選択です。
遠武悟孝さん(葛飾区)は天秤・錘を完璧に操り、竿先に伝わる僅かな感触から海底状況を正確に把握しました。そして、鋭い感性で第一魚信を捉えてからは、その流麗なる竿捌き・糸捌きで間合いは外しません。決断アワセからの巻き上げで大鬼と確信すれば、想定は常に危うい針掛かりと<鉄則>を忘れません。お見事でした!
難易度が高い深根攻めには醍醐味ありと余裕!
3月13日 午前船・オニカサゴ
購入した鬼釣り竿<閃>に鬼魂を入魂の感激!

初乗船の時に熱い<こだわり>に共感して、真澄丸オリジナルの鬼釣り竿・閃(ひらめき)を注文してくれました。その新竿に大鬼の魂をと勇躍して挑めば、通常にも増して気合も漲り意気込みが伝わります。
北野雅一さん(八潮市)は強風・大波での舳(みよし)釣り座でも、まったく姿勢を崩さずにしっかりと集中を維持していました。そして、微かな魚信も的確に捉える感度にしびれつつ、第一投目に船中1匹目をGETして早々に入魂を果たしました。その後も喰い盛りを満喫して、順調に釣果を伸ばしてくれました。
二度目の挑戦でしたが二連勝を達成は御見事!
久し振りの乗船でも腕の冴えは衰えず快釣!
3月13日 午後船・カイワリ
抜群の精度でタナ取りを実践すればカイワリ!

大型アマダイ(48cm・1.8kg)GETに感嘆符!
8月21日 午前船・オニカサゴ
湾内の近場ポイントで快心の大鬼GET(1.9kg)!

南から北上中の台風9号のウネリを避けて、穏やかな湾内の近場で先ずはアカムツを狙いました。午前6時の満潮から下げに入る時合いは良好で、程好く流れれば投入毎の魚信に期待も膨らみます。
石井閃芳さん(江戸川区)は釣れ盛る外道に笑顔がこぼれ、本命らしき感触に慎重に巻けば<コロムツ>をGETです。それから、10分程の距離を涼みを兼ねて船を走らせ、鬼狙いを告げた一投目に微細を捉えて深根から見事に引き出しに成功しました。快心の大鬼(1.9kg)GETは感無量の心持ちとガッツポーズでした!
8月19日 午前船・オニカサゴ
頻発するアタリに緊張感を持続させ鬼暖簾!

潮上と風上が一致して程好く流れれば、頻発するアタックに緊張感を持続させました。それでも、根掛かりが繰り返される深根攻めでは、勝機と捉えた決断アワセも間に合わず万事休すの連続でした。
野口悟政さん(さいたま市)は敬愛する兄弟子を見習って、投入毎に記録を<メモ>して事後の反省を欠かしません。真摯に励み勝負勘が磨かれれば、納得アワセの確率も上昇して釣果に反映は必然です。誇らしく掲げた堂々の鬼暖簾ポーズで、切磋琢磨の門人仲間に洋上から<残暑見舞い>が叶いました。
3月12日 午前船・オニカサゴ
初挑戦者がマル秘技を伝授され直後にGET!

未知との遭遇を果たし感激体験を望んで、鬼釣り経験のある釣友二人に伴われて初挑戦です。しかし、期待に胸を膨らまして挑みましたが、難敵に翻弄されるばかりで集中も途切れがちです。
田口恭介さん(目黒区)の戸惑いを見れば、是非とも釣らせたいの思いが募ります。本人を脇に追い遣り竿先を凝視するようにと伝えれば、<アタリ>を呼び込むマル秘技を眼前で実践です。そして、何かを掴んだ如くに直後の投入で、集中レベルを急上昇させれば待望の魚信でした。緊張感を保ちつつの巻き上げが肝心と、慎重にゆっくりと運べば良型イッカ釣りを達成です。感動の初鬼GET・おめでとうございました!
釣果目標が示され叱咤激励に大奮起の良型!
8月18日 午前船・オニカサゴ
この難しさが醍醐味と魅了されれば本格派!

8月12日 午前船・オニカサゴ
窮地から辛抱我慢で諦めなかった奇跡(2.1kg)!

それは遅潮の喰い渋りに有効な誘い技を、実践的に指導を受けて学んだ直後の事でした。僅かな竿先の変化を魚信と捉える事が出来ても、それからを慌てず焦らずは難しかったようです。
柳 治彦さん(足立区)の決断アワセに迷いが生じて勝機を逸すれば、深根に突っ込んだ獲物はもう引き出せません。強引な力任せを戒めてキーパーに戻させ、直ぐにドラグ調整をしてから10分程が経過した時に!「もう諦めます!」の弱音を聞けば、「バカを言うな!」の叱責で励ましました。最後まで諦めないのが基本と学んでくれれば、<こだわり>の鬼船として船長冥利です。奇跡の夢サイズ(2.1kg)GETに万歳三唱!
夢サイズかと確信するも僅かに及ばず(1.9kg)!
三日連続の鬼釣り三昧で鬼師が有終を飾る!
船長脇の釣り座で厳しい指導に耐え感激GET!
8月12日 午後船・カイワリ
定番外道の爆釣に期待値が膨らみ本命GET!

大型本命と確信させる強烈は嬉しいメダイ!
3月9日 午前船・オニカサゴ
研鑽会での釣果には納得出来ぬと挑めば快釣!

研鑽会では門人仲間への鋭く的確な助言で、沸き立つ爆釣タイムを演出してくれました。周囲への気配りと目配りに専心すれば、自らの釣果が多少は犠牲になっても余裕の笑顔です。
池上悟空さん(横浜市)は釣友からの誘いは一切断らず、今回も<遠武さん>に付き合っての釣行でした。そして、開始早々からの連続ヒットで釣果を伸ばせば、腕に覚えありの自信を見事に蘇らせました。これからも、鬼道場の<門人会>会長としての重責を担い、いつまでもいつまでも門人仲間の模範と為るべく励んでください。
力・体力を回復させた鬼師が笑顔で鬼暖簾!
嬉しい外道<カイワリ>でシーズン到来を予感!
3月11日 午前船・オニカサゴ
直前の痛恨大鬼バラシを糧に夢サイズ(2.3kg)!

強風で波立つと船酔いになるからと、沖走りは控えて湾内の近場ポイントを攻めました。優しい先輩鬼師の随伴でしたので、快く承諾を得れば集中力は倍増です。
鈴村 淳さん(江東区)は今回が4度目の挑戦でしたが、既に難しさも醍醐味も理解して研鑽を積み始めています。徐々に厳しい過酷な状況は増しましたが、集中レベルは衰えず僅かな魚信を捉えれば鳥肌立ちの夢サイズ(2.3kg)GETです。先輩鬼師から拍手と喝采を浴びれば、至福・極楽の境地にVサインが印象的でした。これで、先輩の鬼魂に炎が芽生えたのも当然の成り行きです!
幻サイズの感触はサメ&カンコのイッカ釣り!
8月11日 午前船・オニカサゴ
釣友と初乗船を果たして船中1匹目をGET!

捉え難い微細魚信を的確に察知した初乗船者!
3月6日 午前船・オニカサゴ
鬼道場の研鑽会で竿頭は暫定横綱が貫禄(1.9kg)!

これ一筋の道を極めんと欲する鬼道場の門人仲間が参集して、憧れの夢(2kg超)&幻(2.5kg超)に挑むべく定例の研鑽会が挙行されました。門人心得は、愚痴らず嘆かず諦めないを旨として、難しさを理解し情熱と探求心を保ち腕を磨いて鬼釣師の鑑となる事です。
佐藤A作さん(墨田区)の真摯に励む姿勢は特筆もので、サイズUPは技量UPに比例すると理解して専心です。微細が大鬼のシグナルと弁(わきま)えれば、抜群の集中力で見逃しません。今年の暫定横綱(2.4kg)として、堂々と竿頭(1.9kg)を奪還してくれました!
船中の先駆けを為した堂々の良型イッカ釣り!
鬼釣りに熱く燃える門人会メンバーの中でも、最も向上心と探求心が旺盛なのは周知です。それでも、順風満帆に上達を果たし釣果に直結させるは至難の業で、強風縮帆の熾烈・過酷な慙愧の経験からも有意義に学べると認識しています。
阿部閃身さん(日野市)は迷宮・迷路に彷徨い悶々の釣行が続きましたが、今回は別人の如くに飛躍的な進歩を実釣で示してくれました。先輩諸氏を驚嘆させるに充分なイッカ釣りから始まり、その後もアタリを頻発させ的確に魚信を捉えて、慌ただしく船上を奔り回る<タモ師>に悲鳴を上げさせました。一挙に暫定横綱を更新させる、最右翼に躍り出たと確信出来ました!
爆釣タイムに乗り遅れても終盤の猛追は見事!
極め人をめざす門人会の若頭が鬼暖簾!
自らの名を冠した難関ポイント攻略で感無量!
参戦者全員が堂々と鯱ポーズの揃い踏み!
8月10日 午前船・オニカサゴ
ラストチャンスに感激GETは夢サイズ(2.0kg)!

初乗船は昨年末でしたが真澄丸の<こだわり>に共感を覚えたのか、着実に釣行回数を重ねて理解度を深めて<常連>の仲間入りです。独自の攻略法に初めは戸惑いも已む無しですが、これこそが正真の鬼釣りと認識出来る希少な<貴人>もいるのです。
加藤 隆さん(横浜市)は鬼フリークを自認する豊富な経験者でしたが、更なる飛躍を目指すべく真摯に励む姿勢も頷けます。潮が動かぬ喰い渋りでも集中力は途切れずに、少ないチャンスを見逃さす事なく釣果を伸ばしてくれました。これが最後と告げられた投入で、堂々の夢サイズ(2.0kg)GETには<喝采>を贈らせていただきます。
夏休み休暇は鬼釣り三昧と初日から鬼暖簾!
8月7日 午前船・オニカサゴ
少ないチャンスを的確に捉えて醍醐味を満喫!

船の化粧直しが完了して久し振りの出船となりましたが、北上中の台風5号の影響で少しウネリがありました。それでも、熱い鬼師の戦意は微塵も揺るがず、状況模様を解析しつつ攻め手を正確に読み解いて挑みます。
北野雅一さん(八潮市)は常に前向きな姿勢が肝心と、痛恨に喘ぐ悲観的な感傷を戒めつつ集中を維持です。今年3月の初乗船から半年が経過しましたが、徐々に真澄丸釣法の理解を深めて技量UPを図ります。サイズUPを望むには実力UPが第一と学べば、これからの飛躍的な記録の達成も大いに期待できます。
潮の動き出しは絶好機と集中を高めた快心!
3月4日 午前船・オニカサゴ
強烈な突っ込みを懸命に凌いで寒ブリGET!

真潮が程好く投入毎に魚信があり、喰い盛りを満喫する事が出来ました。そして、迎えた最後の投入で本命を針掛かりさせ、ゆっくりと巻き始めて<水深100m>を切った途端です。
大鬼対応でしっかりと締め込んだドラグが止まり、幹糸がどんどんと出始めたのです。瞬時に<大ブリ>の喰いつきと判断して、素早くドラグ調整しても<約20分間>は巻き上がりません。それからも、出入りを繰り返しながら少しづつ運べば、予想通りの大ブリ(12.0kg)が海面に現われました。無事にタモ取り出来たのは、ヒットから30分が経過していました。勿論、本命の大鬼は途中で<バレ>てしまいました!
謙虚な鬼師が絶好調を宣言の鬼暖簾ポーズ!
8月5日 暑中お見舞い申し上げます!
塗装作業が完了して船体が美しく蘇りました!

少し遅れ気味の梅雨明けがようやく告げられ、猛暑日が続くものと思えばゲリラ豪雨のニュースです。それでも、徐々に勢力を増してゆく太平洋高気圧が北上すれば、いよいよ夏本番の安定した空模様となります。
先週から船を上架して船体の塗装に励んできましたが、化粧直しが無事に終了して新船の如くに美しく蘇りました。鬼釣り師の皆様に少しでも快適にと、愛妻<真澄さん>と二人で頑張りました!海を渡る涼風が心地よく迎えてくれますよ!
3月3日 午前船・クロムツ
投入毎にヒットすれども途中バラシに大奮起!

7月27日 午前船・オニカサゴ
遅潮の喰い渋りも創意と工夫でW・イッカ釣り!

初乗船の新人さんが助言に従い感激ポーズ!
強烈な鋭い突っ込みを耐えて凌げば大メダイ!
理解度を深めていく努力こそ唯一の王道!
2月28日 午前船・オニカサゴ
鬼釣り初挑戦で感激サイズの大鬼(1.7kg)!

<こだわり>の鬼船に単独で初挑戦の勇気を称えられ、基本の<イロハ>を出船前にしっかりと学びました。開始早々には竿の持ち方と立ち姿勢の悪さが指摘され、竿向きと角度までもが矯正されても消沈とは無縁でした。
今井崇路さん(板橋区)の素直な向上心は肝心な資質で、将来性が充分に期待出来る可能性を感じました。折角針掛かりさせたのに集中を欠いた巻き上げで、途中バラシを頻発させれば教育的指導も効果的です。圧巻は1匹目の大鬼(1.7kg)GETで、更に2匹目を追釣して最後は<メダイ>で締めました。成し遂げた快挙に拍手喝采を贈ります!
正真の鬼師として真価の発揮どころを心得て!
両手に大鬼を掲げれば達成感に至福極楽!
更なる追釣劇を演じて鬼暖簾ポーズに快心!
少し控え目サイズでしたが満足指数100%!
初挑戦者が首を傾げた強烈は外道のメダイ!
3月2日 午前船・オニカサゴ
掛け上がり釣法を学び実践直後に本命GET!

釣行回数を重ねながら少しづつ理解度を増せば、その都度のレクチャーにも大きく頷き懸命に実践です。序盤は手堅く型を見る為に、緩やかな掛け下がりポイントを攻めました。
金子明彦さん(大田区)は強く鋭い引き味から、直ぐに<サメ>を連想してガックリです。それでも、危うい針掛かりの大鬼を想定して、細心のリーリングが鬼師の心得と諭されました。案の定、海面に現われたのは<サメ&鬼>のイッカ釣りで、大きな教訓を得て反省してくれました。後半戦の早潮の掛け上がりでは、船上レクチャーを早速に理解して見事に本命GETです。
7月25日 午前船・オニカサゴ
開始早々から本命をGETした快進撃で余裕!

7月25日 午後船・アカムツ
初挑戦でも横綱級(43cm・1.4kg)を感激GET!

未知の食味に憧れて挑めば更なる追釣を達成!
7月24日 午前船・オニカサゴ
強烈に幻サイズと確信は大型カンコ(2.8kg)!

魚信を捉えてからの手捌き・竿捌きは流麗で、間合いもきっちりと読み切れば完璧アワセを実践です。それからの強烈を凌ぐのも至難でしたが、深根に突っ込む勢いは凄まじくパワー全開でした。
石井閃芳さん(江戸川区)の輝かしい釣歴には敬意を表しますが、驕りを戒め謙虚に徹する姿勢を貫く一途にも感服させられます。ゆっくりと慎重に巻き上げながらも、繰り返す強烈な鋭い突っ込みに不安も過(よ)ぎります。残り20mの呼び声にタモを構えれば、海面に現われたのは幻サイズ(2.8kg)の大型カンコでした。惜しくも鬼横綱の奪還は為らず!
憧れの夢サイズを期待したのはイッカ釣り!
2月27日 午前船・オニカサゴ
ネット注文で購入した<閃>竿に入魂の大鬼!

探し当てた真澄丸の<HP>を見て、鬼釣り専用竿の閃(ひらめき)を注文してくれました。そして、一週間前に勇躍挑んだ初乗船では、その<閃>竿に鬼魂を入れ込めませんでした。
小阪 満さん(さいたま市)は是が非でもの熱い思いで、直ぐに再挑戦する姿勢から鬼師の気概を感じます。まったく劇的な展開が演じられたのは最終局面になってからで、良型本命を1・2・3匹と順序良くサイズUP成し遂げた怒涛の<三連釣>でした。最後に入魂の儀を飾った大鬼(1.7kg)GETは、悔しさを募らせた苦い経験の賜物と確信します。おめでとうございました!
初挑戦の好青年が感激のイッカ釣りを達成!
悔しさ噛み締め大鬼イッカ釣りで有終を飾る!
迷い深めたアワセ技の迷宮から離脱の快心!
7月20日 午前船・アカムツ
美食家の鬼侍が横綱級のアカムツをGET!

一昨日の最新釣果に掲げられた感激シーンに触発されて、満喫人生を謳歌する鬼師二人が美姫狙いで出船です。凡域を超越した達観の境地に悠々と過ごせば、釣果に一喜一憂せずに船上タイムこそが至福と余裕の笑顔です。
遠武悟孝さん(葛飾区)はいつも穏やかな表情が印象的ですが、時には熱き心の片鱗を垣間見せてもくれるのです。上品な魚信を捉えてからも慎重巻きに徹すれば、水深350mの距離を運ぶのには時間を要します。それでも、焦らず慌てず期待を膨らませて海中を凝視すれば、眩い紅花の大輪が一気に咲き誇りました。
アカムツ&クロムツのイッカ釣り達成に満悦!
7月18日 午後船・アカムツ
初挑戦のアカムツ狙いで大感激(38cm・1.3kg)!

正統派の鬼師ではありますが、愛妻への誕生日プレゼントにと美姫(アカムツ)釣りに初挑戦です。午前船からの乗船で浅場カサゴを所望の常連さんにお付き合い頂き、手堅く釣り上げた釣果の全ては<三人組>に進呈してくれました。
能登悟幹さん(市川市)はアカムツ釣りの経験がなく、特餌の付け方と誘いの基本をしっかり学んで実践です。ヒットしてからの鋭い引き味と感触から、サメと勘違いして巻き始めれば海面に大輪が開花です。初めて釣り上げた憧れのアカムツは、大感激サイズ(38cm・1.3kg)の大型にビックリ仰天してくれました。そして、直ぐに更なる追釣を果たせば、そちらも大型アカムツで堂々を掲げて涙ぐんでくれました。万歳三唱!拍手喝采!
2月24日 午前船・クロムツ
強風と大波に晒されつつも本命のイッカ釣り!

自らの名を冠した湾内Pで達成のイッカ釣り!
7月16日 午前船・オニカサゴ
迷宮からの大飛躍を遂げた夢サイズ(2.2kg)!

鬼釣り人生では貧果の喘ぎも痛恨の涙も、心技を鍛える礎と為り得ると信じて疑いません。感動と感激は希少と自覚してこそ辛抱我慢も味わい深く、より一層の大きな歓喜へと向かうプレリュードと達観です。
阿部閃身さん(日野市)は鬼釣り師の鑑と言える熱心な探求者で、釣行毎に課題を掲げて挑み失敗の反省も欠かしません。最近は貧果に喘ぎながらも要点を探り出して、導き出した答えを実践すべく投入開始です。そして、なんと第一投入目の第一魚信を捉えれば、迷いを払拭した決断アワセが決まり夢サイズ(2.2kg)を感激GETです。御見事でした!
有望なる素質ありと認める初挑戦者の鬼暖簾!
親子で挑んだ初めての鬼釣りで堂々の釣果!
2月20日 午前船・オニカサゴ
初めての鬼釣り挑戦者がGETした初鬼は大鬼!

午後からは低気圧の接近で荒れる予報でしたが、時折の陽射しが心地よく波も穏やかで快適な釣行でした。鬼釣り未経験者を含めて全員が初乗船でしたが、出船前のレクチャーを真摯に学び熱心に実践してくれました。
新井健之さん(ふじみ野市)も先輩釣り師に誘われて、果敢に難敵に挑んでくれました。そして、魚信を捉えてからの落ち着いた対処は、初挑戦とは思えない手捌きで<真澄丸釣法>を実践です。開始早々の船中1匹目が未経験の初挑戦者で、それも堂々サイズの大鬼GETに万歳三唱が船上に轟きました。
初挑戦者が釣法を学び実践した怒涛の追釣劇!
初挑戦者の快挙を称えた直後に先輩の意地!
こちらも初挑戦者が初鬼を掲げ感激の雄叫び!
抜群の集中力が際立った新人さんの快進撃!
<こだわり>の鬼船に初乗船して存分に満喫!
2月23日 午前船・オニカサゴ
福島県から憧れの鬼笠子と美姫狙いに初挑戦!

憧れの<オニカサゴ&アマダイ>釣りを同時に楽しみたいと、遥々と福島県郡山市から愛車を駆って乗船です。序盤は北風がやや強く吹いていましたが、その風も徐々に収まり中盤以降は快適でした。
小沢良正さん(福島県)は船長愛用の<タコベイト>を譲り受け、餌付けから底ダチの基本を学んで懸命に実践してくれました。開始ポイントは逆潮でしたが程好く流れて、初めは掛け上がりに戸惑いながらも魚信を捉えて本命をGETです。その後も船長からの檄に応えて、出船前の目標達成に頑張りました。
2月23日 午後船・アマダイ
暖かな陽射しが快適と初挑戦者が美姫GET!

7月15日 午前船・オニカサゴ
露払いと太刀持ちを従えて夢サイズ(2.2kg)!

雲間から時折の陽射しは柔らかくて、穏やかに吹き渡る涼風に心身が洗われます。たとえ潮の流れは鈍くても動き出しに万全の備えであれば、チャンスの瞬間(とき)は必ずの確信に微塵も揺らぎはありません。
池上悟空さん(横浜市)は直観と閃きを大切に先見を得て、その瞬間(とき)を捉えれば鬼閃流の竿捌きが冴え渡りました。直後の強烈な突っ込みも大鬼釣りの醍醐味と、力任せの強引な引き上げを戒めながらも余裕です。昨年度の鬼横綱が連覇の予行練習にと、露払いと太刀持ちを従え夢サイズ(2.2kg)でポーズです。
7月10日 午前船・オニカサゴ
高難易度のポイント攻めに真価を発揮の鬼師!

鬼一筋の茨道を真摯に励んで歩み続ければ、鳥肌立ちの感激も慙愧に咽ぶ痛恨も眩い記憶の玉手箱です。絶好調には驕りを戒め絶不調にも怯まずに、しっかりと技量UPの目途は微塵もぶれません。
大野閃啓さん(佐倉市)は深根の厳しいポイント攻めにも、正確な底ダチで果敢に挑みます。そして、微細な竿先の変化に即応は流麗で、それからの間合いも絶妙でしたが幻サイズ(2.5kg超)には悉く完敗です。それでも、順調にアタリを頻発させれば、良型本命の鬼暖簾ポーズに笑顔が煌めきました。
超弩級の本命を逃がして落胆直後にGET!
最後まで諦めない姿勢を貫いて有終を飾る!
7月7日 午前船・オニカサゴ
本格派を目指して励めばサイズUPは必定!

初乗船の新人さんも真摯に挑んで良型GET!
7月7日 午後船・カイワリ
鋭く強烈な突っ込みを凌げば大真鯛(5.2kg)!

2月18日 午前船・アカムツ&キンメ
本命GETで両手に掲げても狙いはアカムツ!

海面が騒(ざわ)つき大揺れの状況でも、水深350mからの魚信は明確でとても上品です。それでも、追い喰いを狙えば直ぐには巻かずに、竿先の揺れる変化を期待しなが見詰めるのも楽しみです。
池上悟空さん(横浜市)が2匹・3匹と追い喰いを確信して、ゆっくりと巻き始めても海面までは時間がかかります。巻き途中で何度も<サバ>の強襲に遭遇すれば、折角の本命が次々と<バレ>てしまいます。仕掛けを投入しても途中で幹糸が止まり、無事に着底するまでハラハラドキドキの連続でした。狙った本命のアカムツは次回へと持ち越しです!
深場釣りの醍醐味をと馳せ参じムツ&キンメ!
2月19日 午前船・オニカサゴ
南西風が強く吹き過酷な状況下での渾身力!

天気予報は大外れで出船前から南西風が吹き上がり、湾内の近場ポイントへ大波を超えてゆっくりと向かいました。風速は<10m>程でしたが波が高くて、精度の高い底ダチは困難を極めました。
金子明彦さん(大田区)は開始の第一投目から激しく大揺れの船上でも、竿先の僅かな変化を的確に捉えて小振りの<カンコ>をGETです。それからも何度か微細な魚信を察知して針掛かりさせましたが、痛恨の途中バラシや海面直下バラシを繰り返していました。更に風が強くなったので早上がりを告げた直後に、なんとか本命のオニカサゴを釣りあげる事が出来ました。
7月6日 午前船・オニカサゴ
潮の動き出しを好機と捉えて夢サイズ(2.0kg)!

途中までは集中して頑張っていたのですが、幹糸の高切れで<やる気>が失せたと言ってきました。これには唖然とさせられましたが、使用の幹糸が3号と聞いて<二度>びっくりです。
近藤正樹さん(板橋区)は厳しい指導と<喝>に頷いて、船長から電動リールを借り受けての再挑戦です。折れかけた気持ちをしっかりと立て直して投入すれば、待望の魚信が竿先を揺らして見事に針掛かりに成功です。海面直下でオマツリのトラブルに見舞われましたが、素早い的確なタモ師の判断で夢サイズ(2.0kg)がGET出来ました。
7月6日 午後船・カイワリ
初めてのカイワリ狙いで本命の強烈を初体験!

2月16日 午前船・オニカサゴ
深根に突っ込み焦らず慌てず大鬼を引き出す!

春一番が吹き荒れて時化が続きましたが、等圧線が広がった間隙をぬって出船が叶いました。南から北へと流れる逆潮が1ノット前後で、抜群の活性度に昂り抑え難しです。
石井閃芳さん(江戸川区)は掛け上がりの深根攻めに、苦戦しつつも徐々に勝負勘を取り戻してくれました。そして、捉えた僅かな魚信に身構える間も無く、竿先が大きく曲がり幹糸が出てゆき万事休すです。それでも、慌てずに幹糸を握って操れば、一瞬テンションが緩み巻き上げスタートです。深根に潜った大鬼を根掛かりとは思わずに、的確な素早い対応で引き出す妙技に拍手喝采を贈ります。
逆潮でも程好く流れ喰い盛りを満喫の鬼暖簾!
7月1日 午前船・オニカサゴ
濃霧で視界は悪くても心はいつも日本晴れ!

霧が濃くて視界不良の為に安全第一を心掛けて、湾内の近場ポイントを丹念に攻める事にしました。ゆっくりと船を走らせ向かう途中で、霞む海面を飛魚の飛行する姿が幻想的です。
小阪 満さん(さいたま市)は開始早々から的確に魚信を捉えて、本命と確信する手応えに<ニンマリ>と巻き上げ開始です。幾度も繰り返される強烈を愛竿<閃>に委ねれば、程無くカウンターが残り20mとなりタモ取り態勢です。しかし、海面にポッカリ浮き上がったのは大型カンコで、感激指数も半減すれば天を仰いで咆哮でした。