2014・鬼カサゴ20傑
10月22日 午前船・オニカサゴ
驚異的な幻サイズ(2.7kg)GETで暫定横綱!

強風と大雨の中を自らの誕生日に華を添えるが如くに、奇跡<ミラクル>を信じて炎の鬼師が颯爽と参上です。勿論、沖走りは困難な模様と<百も承知>で、安全な湾内の難敵である夢・幻サイズに挑んでくれました。
赤尾泰閃さん(横浜市)は鬼道場・門人会の幹事長として、真摯に研鑽に励む同門仲間の頼れる世話役です。出船前にチャンスは一度と<檄>が飛べば、その瞬間(とき)に備えは万全でした。強風と豪雨に晒されても集中は揺るがず、微細を捉えてからの勝負勘は「御見事!」の一語です。誕生日に幻サイズ(2.7kg)GETの快挙は、鬼釣り人生の記憶に深く鮮烈に刻まれる事でしょう。「万歳三唱!」
10月26日 午前船・オニカサゴ
その心得と覚悟が認められ鬼道場へ入門許可!

鬼釣りに情熱を注ぎ真摯に研鑽に励み、その技をを極めんと欲する門人会の先輩諸氏に囲まれました。今年デビューの新人として初挑戦から半年が経過して、その人柄の良さと謙虚な探究心が際立ち晴れて入門が叶ったのです。
部坂治男さん(千葉市)は<こだわり船>の深い思い入れに理解を示した希少な新人さんで、僅か六ヶ月の短期間ながらも驚異の上達を成し遂げた正真の鬼侍です。潮が動かない喰い渋り模様でも、出船前の助言に従って為すべき事を実践しての快挙です。嬉しい撮影ポーズも、余裕の笑顔が決まっています。おめでとうございました!
9月14日 午前船・オニカサゴ
初挑戦者がラストチャンスに感動の大鬼GET!

北東風が強く吹き波立っており、逆潮の流れも速くて初心者には困難な状況でした。しかし、底ダチが取りづらくても喰い気配は旺盛で、しっかりと底ダチが取れればアタックは頻発です。
間島聡史さん(中央区)は連勝街道を驀進中の鬼侍に伴われ、意を決してこだわりの<鬼船>で鬼釣りに初挑戦です。不安を抱えながらも懸命に基本を学びながら、最後まで必死に頑張る姿に可能性が感じられました。その最終投入で微細を捉えれば、ベテラン勢も驚愕の大鬼(1.8kg)GETに大感激でした。
3月17日 午前船・オニカサゴ
情況解析に努め予見力を鍛えた夢サイズ(2kg)!

海底の深根を攻める大鬼釣りには、明晰な頭脳と鋭敏な感性は必須です。正確な底取りで斜面の起伏を脳裏に描ければ、その瞬間(とき)は鍛えた予見力で感知も叶います。
阿部閃身さん(日野市)は泰然と物事に動揺せず、直観と閃きを大切に先見を得るのが鬼師と学びました。釣行毎の助言を<鬼釣りノート>に綴り、真摯に研鑽に励む姿勢は感服の至りです。船長脇の釣座で叱咤の声を聞きながらも、情況解析に努め鍛えた予見力の冴えで夢サイズ(2.0kg)を感激GETです。
2/11 石井 芳明 さん (江戸川区) 2.1kg
5/22   佐藤 勝英 さん  (北区)  2.1kg
 1/18 荒川 義彰 さん (横浜市) 2.0kg
6/16 足立 勝徳 さん (練馬区) 2.00kg
5/3 菅井 悟勇 さん (越谷市) 2.20kg
4/30 麻生 浩一郎さん (市川市) 1.90kg
5月18日 午前船・オニカサゴ
ブランクも腕は衰えず堂々たる夢サイズ(2.1kg)!

鬼侍として研鑽を重ねた経験は豊富ながら、仕事に忙殺されれば永いブランクも已む無しです。しかし、忙中閑(かん) ありと<イメトレ>はしっかり欠かさずに、久し振りの乗船を果たしてくれました。
衣非(えび)卓さん(千葉市)は潮が動かぬ喰い渋りでも、頻繁にアタックを呼び込んで意気軒昂を示しました。幾度もの針掛かりも早巻きの悪癖は治らず、途中バラスや直前バラシを繰り返していました。<危うい針掛かりは常なる事と知れ!>との檄に、大事に巻き速度を半減させれば感激の夢サイズ(2.1kg)です。痛恨・慙愧に学べれば正真の鬼師です!
12月22日 午前船・オニカサゴ
大波で激しい揺れも夢サイズ(2.3kg)の渾身!
12/18 内野 広志 さん (佐倉市) 2.5kg
5/2   池上 悟空 さん (横浜市) 2.4kg
 2/19 河崎 閃健 さん (杉並区) 2.8kg
2008・鬼カサゴ20傑
9/23 能登 悟幹 さん (市川市) 2.40kg
4月14日 午前船・オニカサゴ
感動の夢サイズ(2.1kg)を堂々と掲げた鬼師!

季節を押し戻すような肌寒い小雨が防寒着を濡らし、南東の強風が船体を激しく揺らしても気力は萎えません。<愚痴らず嘆かず諦めない!>がモットーの鬼道場では、千変万化は<天の摂理>と満喫の間口は広いのです。
池上悟空さん(横浜市)は開始早々に良型GETを果たせば、更なるサイズUPに向けて虎視眈々が鬼師の鑑です。次第に風が強まり波も高くなってきましたが、集中レベルは維持して微細を見事に捉えました。慎重巻きに徹しながらも途中の生体反応は皆無で、一抹の不安は過りましたが緊張感は揺らぎません。夢サイズ(2.1kg)GETで歓喜のガッツポーズに乾杯!
1月4日 午前船・オニカサゴ
新春の初出船で新人さんが夢サイズ(2.4kg)!

新年明けましておめでとうございます!今年も憧れの夢・幻サイズを目指して、楽しく研鑽に励んでください。こだわりの鬼船としても、感動と感激のサポートに一路邁進します。
藤原幸雄さん(所沢市)は噂の鬼船に初めて乗船して、、年明け早々の門出を祝う快挙を達成しました。強風と大波に翻弄されながらも、集中を維持した気概と気迫は正真の鬼師です。困難な模様の中でもしっかりと魚信を捉えて、堂々たる夢サイズ(2.4kg)をGETしてくれました。これが今年の暫定横綱ですので、皆様の奮起を期待しています。
11/17  木村 誠 さん (大和市) 2.5kg
11/3  須藤 文彦 さん (横浜市) 2.5kg
12/29 足立 閃竜 さん (練馬区) 2.9kg
4月19日 午前船・オニカサゴ
孫娘の満一歳の誕生日に掲げた夢サイズ(2.2kg)!

まったく潮が動かない喰い渋りの状況でも、海底イメージが正確に把握出来れば為すべき事は明解です。どんなに警戒心が強くても<付餌>を魅力的に動かせれば、その演出効果で自制心が解き放たれ捕食本能が働くものなのです。
鬼師は自在に天秤・錘を操る事で、<付餌>が弱って生きている如くが肝要です。微細な第一魚信から2分の間合いを経て第二魚信があり、それから更に3分後の魚信を捉えた直後に<アワセ>ました。1度ならず2度3度と気配を消した警戒心は流石(さすが)で、20年以上もの歳月を逞しく生き抜いた大鬼に畏敬の念を抱きます。
6月6日 午前船・オニカサゴ
泣きの一投で感動GETは幻サイズ(2.5kg)!

遅潮の喰い渋り模様でも誘いワークは抜群で、頻繁にアタリを呼び込む技量が冴え渡りました。しかし、深根に棲む大鬼の凄味に翻弄されて、容易に針掛かりが叶わず痛恨・慙愧の連続でした。
木村誠さん(大和市)は<早アワセ>では乗らず、<待てば>深根に潜り込まれるの繰り返しです。無我夢中の至福タイムは瞬く間に過ぎ去り、タイムUPを告げられても釣果は<ゼロ>でした。鬼船長が<泣きの1投!>を宣言すると、感謝の言葉が微かに震えていました。この<閃き>のBIGチャンスに、暫定横綱となる幻サイズ(2.5kg)をGETです。これこそが船長冥利の感動劇なのです!
2/11 石井 芳明 さん (江戸川区) 2.5kg
11/7  池上 悟空 さん (横浜市) 2.7kg
12/30 高橋 閃伸 さん (横浜市) 2.6kg
2009・鬼カサゴ20傑
 9/13 須藤 文彦 さん (西東京市) 1.9kg
7/19 山本 閃勝 さん (狛江市) 1.80kg
6/9 池上 悟空 さん (横浜市) 2.00kg
12/3 遠武 孝育さん (葛飾区) 1.70kg
1/10  関根 宣洋 さん (桶川市) 2.0kg
 6/18 遠武 悟孝 さん (葛飾区) 1.9kg
8/11 湯浅 悟政 さん (江戸川区) 1.90kg
6/30 神井 悟能 さん (練馬区) 2.00kg
11/18 野村 正幸さん (荒川区) 1.80kg
12月21日 午前船・オニカサゴ
二度目の新人さんが夢サイズ(2.3kg)をGET!

沖走りを試みましたが大波とウネリの為に、安全第一が基本と途中で引き返しました。それでも湾内・近場ポイントのポテンシャルを熟知している鬼侍に異論はなく、一段と集中レベルを引き上げて<夢・幻サイズ>に挑んでくれました。
吉沢 仁さん(川崎市)は常連の鬼師に伴われて、今日が2度目の鬼釣り挑戦です。出船前のレクチャーとアドバイスをしっかりと脳裏に刻んで、基本の実践に集中すれば驚愕サイズを<GET>です。ベテラン勢を黙らせた大鬼は、<2.3kg>の夢サイズでした。おめでとうございます!
12月8日 午前船・オニカサゴ
強風下の大揺れも厭わずに幻サイズ(2.5kg)!

北東風が予想外に強くて波もあり、安全第一と湾内で頑張りました。それでも、時折は舳(みよし)が大波に洗われて、微細魚信を捉えるには困難を極めました。
三好 立さん(江東区)は熱心に研鑽に励む最右翼として、新人達に範を示すの覚悟が窺えました。そして、待望の微細魚信を呼び込めば、それからの冷静対応は慌てず騒がず<COOL>です。しっかりと理想の刺し位置に針掛かりを果たせば、30年超の歳月を逞しく生き抜いた大鬼でも逃れられません。今迄の自己記録(1.8kg)を大幅に更新する快挙に、心からの拍手喝采を贈り感動笑顔の<ナイスショット>を捧げます。
11/9  木村 誠 さん  (大和市) 2.6kg
2010・鬼カサゴ20傑
12月27日 午前船・オニカサゴ
強風・大波の過酷な条件下でも夢サイズ(2.4kg)!

北風が強く(17m/s)波・ウネリも大きくて、近場の湾内でも厳しく過酷な状況でした。それでも、懸命に技を磨き研鑽に励んだ一年の集大成と、気合いを漲らせた鬼侍が難敵に挑んでくれました。
宮田閃勇さん(浦安市)は今年になって技量を最も飛躍的に向上させた鬼師で、その目覚ましい釣果にはベテラン勢をも唸らせ黙らせています。大揺れの船上でも微細魚信を着実に捉えて、開始からの三連釣には的確な感嘆詞も浮かびません。そして、4投目に針掛かりさせた直後の咆哮が轟けば、夢サイズ(2.4kg)GETの大感動で極上の至福を体感です。堂々鬼師が鬼釣り人生を謳歌!!!
10月6日 午前船・オニカサゴ
醍醐味は至難・困難と達観の幻サイズ(2.7kg)!

北東風が強くてウネリも大きく、大揺れの船上で微細魚信を察知する事は至難でした。更に、狙い定めたポイントは急峻で根深く、穏やかな凪模様でも底ダチは困難な場所なのです。
阿部閃身さん(日野市)は心得・覚悟が正真の鬼侍で、艱難辛苦こそが鬼師の誉(ほまれ)と果敢を貫き通します。<一投入魂>こそが常なる要(かなめ)と、所作の逐一に細心が行き渡ります。<微細>を捉えてからの対処は万全で、間合いを極めた<アワセ>は深根に突っ込む刹那(せつな)でした。海面を紅(くれない)に染めたのは、暫定横綱の記録更新を果たす幻サイズ(2.7kg)でした。
9月22日 午前船・オニカサゴ
幻サイズ(2.6kg)GETで暫定横綱更新!

昨年度の横綱(2.9kg)として船宿記録を達成するも、驕らず研鑽に励む姿勢は感服の至りです。前人未到の連覇を目指せば暫定横綱(2.5kg)となり、更なる記録更新で快挙の手綱を引き寄せました。
木村誠さん(大和市)は難所攻めの告知に闘志を掻き立て、潮流が定まらない不規則な状況も対処法を吟味です。逆潮かと思えば大きく揺(ゆ)らぎ、戸惑いつつも底ダチの精度は狂いません。そして、待望の微細魚信に万全の対処は迷わず、強烈な突っ込みを懸命に凌げば歓喜の幻サイズ(2.6kg)でした。暫定横綱が自ら記録更新を果たしても、船長の<おかげ!>と謙虚な一言に<威風>を感じました。
2011 鬼カサゴ20傑
5/3  大野 閃啓 さん (佐倉市) 2.9kg
4/21  赤尾 泰閃 さん (横浜市) 2.0kg
10/3  池上 悟空 さん (横浜市) 2.1kg
 2/5 遠武 悟孝 さん (葛飾区) 1.9kg
6/28 沓掛 悟啓 さん (浦安市) 1.90kg
6/9 田中 敬三 さん (愛知県) 2.10kg
10/8 関根 宣洋さん (桶川市) 1.80kg
4/4 浅野 慎一 さん (横浜市) 2.10kg
10/28 岡野 典之さん (流山市) 1.80kg
8月21日 午前船・オニカサゴ
暫定横綱となる幻サイズ(2.5kg)を感激GET!

開始早々の第一投目から順調に針掛かりを果たすも、魔の時間帯である残り50mからの首振りに痛恨バラシです。その後も<アワセ>の間合いが見切れずに、心の迷いと乱れが危うい刺し位置となり痛恨を繰り返しました。
石井芳明さん(江戸川区)は永い<キャリア>の持ち主で、真摯に挑み続けるその姿勢は鬼師の鑑です。痛恨・慙愧の悔しさが修練の糧と心得れば、「ラスト3投!」の掛け声も励ましと意気込みました。そして、微細魚信に即応も焦らず慌てずその瞬間(とき)を捉えれば、強烈な勢いで深根に突っ込むのを必死に凌ぎました。海面に出現した<紅の怪物>に鳥肌立ちでしたが、完璧なる刺し位置を果たせば逃れられません。暫定横綱となる幻サイズ(2.5kg)GETの感動劇に万歳三唱です!
2013・鬼カサゴ20傑
7月14日 午前船・オニカサゴ
感動の夢サイズ(2.0kg)は桶川の眠狂四郎!

桶川の眠狂四郎と異名を轟かせた鬼侍が、鬼が島の鬼退治に颯爽と登場してくれました。<こだわり>の鬼師が勢揃いすれば、攻略ポイントは必然的に難易度が高くなります。
関根宣洋さん(桶川市)は気持ちを引き締めて、期待の第一投目に備えは万全でした。遅潮の着底は<そっと静か!>が鉄則と心得れば、それからの為すべき事も精度が増すのも当然です。竿先の微細な変化を見逃さずに第一魚信と捉えて、間合いを計り満月の如くに愛竿を撓らせました。幾度も繰り返す強烈を凌ぎ、海面を鮮やかな紅色に染めたのは憧れの夢サイズ(2.0kg)でした。初戦の感動劇に拍手喝采です!
9/24  塩路 隆司 さん (茨城県) 2.1kg
7/17  大野 閃啓 さん (佐倉市) 2.1kg
 1/18 高橋 閃伸 さん (横浜市) 1.9kg
4/12 植野 閃豊 さん (墨田区) 1.90kg
7/6 村上 潤 さん (大田区) 2.10kg
5/16 長谷川拓二郎さん (杉並区) 1.80kg
9月13日 午前船・オニカサゴ
餌付けの極意を伝授された直後に大鬼GET!

久し振りの乗船に序盤は苦戦を強いられ、周辺の快進撃による喧騒にも焦燥感は否めません。それでも、しっかりと集中を維持して懸命に頑張る姿勢に、最も大切な基本の<イロハ>である餌付けの極意が伝授されました。
斎藤好一さん(新宿区)が粗雑な底取りの修正を指摘され、重要な餌付けを学んだ直後の投入で魚信を察知です。勿論、それからの<アワセ>に至る遣り取りは基本を踏襲して、本人もビックリの大鬼(1.8kg)を釣り上げてくれました。釣果は二の次に上達を主眼とすれば、サイズUPは必然と励まされました。
1月27日 午前船・オニカサゴ
二度目の挑戦で夢サイズ(2.0kg)に感激!

吹き荒れた強風もようやく収まり、ベタ凪のポカポカ陽気が防寒着を脱がせました。暫く続いた逆潮の食い渋り模様も、真潮に変われば程好い潮流に心も躍ります。
平野知博さん(蕨市)は先輩に誘われ今回が二度目の挑戦でしたが、謙虚な姿勢で初挑戦者と一緒にレクチャーの学び直しです。基本の修得こそが釣果の王道と知れば、無駄な動きや余計な事を省いて正確な底取りに徹しました。しっかりとアワセ直後の強烈に戸惑いましたが、途中バラシを教訓に夢サイズ(2.0kg)を慎重に運びました。
8/3   河崎 閃健 さん (杉並区) 2.2kg
5/3   河崎 閃健 さん (杉並区) 2.1kg
 7/18 池上 悟空 さん (横浜市) 2.0kg
4/3 遠武 悟孝 さん (葛飾区) 2.00kg
6/17 花水 清人 さん (流山市) 2.30kg
7/17 池上 悟空さん (横浜市) 1.90kg
5/1  関根 宣洋さん  (桶川市)  2.00kg
9月20日 午前船・オニカサゴ
厳しい指導を得て雪辱戦に燃えた鬼師の奮起!

永いブランクから久し振りに復活参戦した研鑽会(9/7)では、鬼師の片鱗を示すことが叶わず貧果に喘ぎました。基本を忘却の彼方へと押し遣った感が否めず、船長も声を嗄(ら)して叱咤激励するも及ばずに撃沈でした。
神井悟能さん(練馬区)が前回の厳しい指導に奮起して、鬼師の心得と覚悟を取り戻すべく雪辱に燃えてくれました。そして、攻略法の厳しい再教育に自信を取り戻せば、微細を捉えてからの逐一も迷いを払拭して大鬼(1.8kg)をGETです。それからの3連釣達成には飛躍的な上達が確信され、見事に雪辱を果たした鬼師に拍手喝采を贈らせていただきます。
7月9日 午前船・オニカサゴ
初乗船の新人さんが自己記録更新の夢サイズ!

釣友と二人でHPをしっかりと読み込み、<こだわり>を覚悟して初乗船してくれました。出船前に四カ条のルールを聞けば素直に頷き、釣法説明を謙虚に学ぶ姿勢から可能性を予感です。
山口智さん(八千代市)は鬼釣り経験者でしたが、子鬼の数釣りには満足せず新天地を求めての参戦です。本命の型を見るまでは喉を潤すアルコールは控えよとの厳命に、高い集中力を維持して自己記録を更新してくれました。それでも我慢の真剣モードで挑み続けて、感動と感激を掛け合わせた大鬼イッカ釣り(2.0&1.5kg)を達成です。直後の祝杯に胸を震わせていました!
8/23  阿部 吉身 さん (日野市) 2.1kg
7/11  遠武 悟孝 さん (葛飾区) 2.1kg
 9/13 桜庭 閃記 さん (大田区) 2.0kg
12/29 杉原 益雄 さん (豊島区) 2.00kg
12/24 宮田 閃勇 さん (浦安市) 2.10kg
1/6 麻生 浩一郎さん (市川市) 1.80kg
6月5日 午前船・オニカサゴ
第一投入の第一魚信を捉えた夢サイズ(2kg)!

久し振りの鬼釣り釣行に昂ぶり抑え難く、熱い胸を弾ませながらも入念に仕掛けをチェックしてました。船長からの助言を得れば、底ダチの徹した精度の向上を指南されたのです。
脇雄治さん(館山市)が開始の合図で投入すれば、潮は動かず腕磨きには最適でした。喰い渋りでも不見識な積極誘いは戒めて、微細魚信に集中すれば竿先の微かな振れを見逃しません。昂ぶりを必死に抑えて仕掛け錘を動かさずに、その瞬間(とき)を待てば予見通りの進行に<アワセ>もバッチリでした。大鬼の強烈を懸命に凌げば、自己記録の更新が夢サイズ(2.0kg)で大感激でした。
6/18 石井 芳明 さん (江戸川区) 2.1kg
6/25  麻生 閃浩 さん (市川市) 2.1kg
 7/8 菊地 一広 さん (市川市) 2.0kg
6/28 湯澤 順彦 さん (秦野市) 2.00kg
4/18 野瀬 高之 さん (横浜市) 2.2kg
4/19 寺戸 文彦さん (越谷市) 1.90kg
5月17日 午前船・オニカサゴ
夢サイズの凄味を痛感すれば正真の鬼侍!

無駄なく有効に誘い技を駆使すればアタックは必然で、しっかりと間合いを読み切ってのアワセに醍醐味があるのです。然為(さす)れば完璧な位置に針掛かりが為されて、巻き途中の強烈なる抵抗にも痛恨バラシは防げます。
長澤英郎さん(杉並区)は肝心な勝負どころでの油断とミスが重なり、憧れの夢・幻サイズを悉(ことごと)く逃がしました。それでも意気消沈は鬼師の恥と心得て、完敗を素直に認める潔(いさぎよ)さと謙虚さが功を奏したのです。針の刺し位置は僅かに薄くても、諫(いさ)められての慎重巻きで憧れをGETしてくれました。夢サイズに拍手喝さい!
1月13日 午前船・オニカサゴ
昨日のリベンジと燃えた鬼師が夢サイズ!

痛恨・慙愧を糧にして闘志を燃やし、一心不乱に研鑽に励む姿勢が鬼師です。大鬼の凄味に圧倒されながらも、最善を尽くせば夢も叶うと邁進しています。
石井芳明さん(江戸川区)は昨日だけの釣行予定で乗船して、良型カンコと本命をGETしてくれました。しかし、達成感には程遠く悔しさを募らせて、悶々たる帰路の途中で翌日のリベンジを決意したのです。そして、果たせぬ夢の実現に向けて、乾坤一擲の勝負勘が冴え渡りました。アタリを呼び込む所作の逐一が理に叶えば、魚信察知も焦らず慌てず万全でした。リベンジを達成の夢サイズ(2.0kg)に拍手喝采!
5/8   河崎 閃健 さん (杉並区) 2.2kg
5/3   桜庭 閃記 さん (大田区) 2.1kg
 7/12 沓掛 悟啓 さん (浦安市) 2.1kg
 4/29 池上 悟空 さん (横浜市) 2.0kg
8/13 池上 悟空 さん (横浜市) 2.10kg
12/8 足立 勝徳 さん (練馬区) 2.10kg
8/12 横尾 継弘 さん (荒川区) 2.30kg
4/4 塘(トモ)裕幸 さん (横浜市) 2.30kg
4/15 植野 豊文さん (墨田区) 1.95kg
12/10  関根 宣洋さん  (桶川市)  2.05kg
11/3 池上 悟空さん (横浜市) 1.95kg
5/4  山崎 善弘さん  (墨田区)  2.05kg
4月27日 午前船・オニカサゴ
その瞬間(とき)に備えは万全と大勝負を制す!

傍(かたわら)らで開始から1匹・2匹と本命がタモ取りされても、焦る事なく冷静に集中を維持する事が出来ました。辛抱・我慢が鬼師の心得と学べば、海底にある仕掛けの針先まで気持ちが入ります。
木村 登さん(市川市)の集中力は自他共に認めるところで、僅かな竿先の微細な変化を見逃しませんでした。それから決断アワセまでの間合いも慌てる事なく、喰い渋り対応がしっかりと予見されていました。慎重巻きでも残り30mの激震には不安が過(よぎ)りましたが、海面に浮かせた大鬼(1.8kg)が無事にタモ取りされ万歳三唱です。
自己記録700gの新人さんが夢サイズ(2.1kg)!
9/30  足立 閃竜 さん (練馬区) 2.3kg
1/9    池上 悟空 さん (横浜市) 2.1kg
 6/13 谷口 典弘 さん (八王子市) 2.1kg
5/1 高橋 伸昌 さん (横浜市) 2.10kg
6/13 村上 潤 さん (大田区) 2.30kg
9/16 麻生 浩一郎さん (市川市) 2.00kg
10/9  宮田 閃勇さん  (浦安市)   2.10kg
1月12日 午前船・オニカサゴ
昨年度の鬼関脇が年初に暫定横綱(1.8kg)GET!

昨年度の鬼関脇を奪取した幻サイズ(2.5kg)は、本人の熱望により永久保存の剥製として製作中です。五十年以上の歳月を逞しく生き抜いた怪物に、心からの敬意を表した迫力ある作品の完成が待たれます。
三好立さん(江東区)は幻サイズ(2.5kg超)GETで飛躍を遂げる先人達に倣(なら)い、その立ち居振る舞いから正眼構えの佇まいが気迫に溢れていました。動かぬ潮の喰い渋りも<愚痴らず嘆かず諦めない!>一徹を貫いて、ビッグチャンスを呼び込んで暫定横綱(1.8kg)をGETです。大関・横綱を奪還するに充分な気概を感じさせ、大飛躍が確信出来る年初の初釣行となりました。
5月12日 午前船・オニカサゴ
連続して夢サイズをGETした鬼師の快挙!

極めて難易度の高い深根ポイントで、根掛かりを恐れず果敢に攻められれば鬼師です。大ウネリとぶっ飛びの早潮が困難を増幅させましたが、本格派が揃えば<難しいから楽しい!>の大鬼釣りを所望です。
三好立さん(江東区)は前回の絶好調体験から自信を深めて、一瞬たりとも気を抜けない難所攻めに爛々たる眼差(まなざ)しでした。魚信か引っかかりの判断は至難でしたが、<竿先の僅かな変化は全て大鬼と思え!>の教えをしっかりと踏襲です。1匹目(2.1kg)と2匹目(2.3kg)を立て続けに、夢サイズを釣り上げれば感涙も頷けます。
7/3   萩原 正己 さん (府中市) 2.3kg
9/23  池上 悟空 さん (横浜市) 2.2kg
 1/6 松本 文武 さん (世田谷区) 2.1kg
8/21 作本 稔晴 さん (墨田区) 2.20kg
6/28 足立 勝徳 さん (練馬区) 2.35kg
11/8 鈴木 克弥さん (新宿区) 2.10kg
1/14  小笠原 和彦さん (鎌ヶ谷市) 2.15kg
12月19日 午前船・オニカサゴ
自らの名を冠したポイントで夢サイズ(2.0kg)!
大鬼釣りに夢と憧れを抱いて、技の修得に励む情熱と探求心は天下一です。前回の釣行で<GET>した自己記録に敬意を表して、謙虚な鬼師の名を冠した<ヘサカ・ポイント>が誕生です。
部坂治男さん(千葉市)は早潮の掛け上がり攻めに、序盤は戸惑いながら苦戦をしていました。しかし、船長からの叱咤と助言に大きく頷けば、直後の投入は別人の如くで感動劇の予感です。微細を捉えてからの的確な動きは完璧で、間合いを読み切ったアワセが決まれば強烈を凌ぐだけです。感激の夢サイズ(2.0kg)GETに万歳三唱を贈りました!
8月17日 午前船・オニカサゴ
富岡八幡宮へ大鬼を祈願した夢サイズ(2.1kg)!

鬼道場・門人会々長が最近の不振を払拭すべく、霊験あらたかな富岡八幡宮へと出向いて祈願祭を挙行です。抱え込んだ<モヤモヤ>感をスッキリさせたいと、神前に向かい柏手を打てば煩悩も断ち切れたようです。
池上悟空さん(横浜市)は自らの名を冠した<超難関ポイント>攻めに、遥かなる絶頂期の熱い記憶を蘇らせました。描き出した心象風景から<さざ波>を消し去れば、鬼師の気迫が漲り微細変化に冷静対応が冴えました。久し振りに大鬼(1.8kg&2.1kg)の連釣を果たし、愛弟子から喝采を得て満願笑顔も煌めきました。夢サイズGET万歳三唱!
4/29 大塚 孝司 さん (川崎市) 2.3kg
3/27  池上 悟空 さん (横浜市) 2.2kg
12/22 積田 閃孝 さん (市原市) 2.2kg
8/9 浜 悟志 さん (横浜市) 2.20kg
9/13 遠武 孝育 さん (葛飾区) 2.35kg
2/18 渡辺 正之さん (練馬区) 2.10kg
5/12  押山 敏夫さん (練馬区)   2.20kg
12月7日 午前船・オニカサゴ
研鑽会は夢・幻サイズ狙いと実践した快挙(2kg)!

冬将軍の到来で吹き荒れた強風も収まり、久し振りに鬼師が集う鬼閃流の研鑽会が開催されました。大鬼釣りに夢と憧れを抱き腕を磨いて、天下一の鬼師を目指す情熱と探求心が鬼道場の心得なのです。
池上悟空さん(横浜市)は門人会の会長として人望を集め、後輩諸氏を優しく懇切丁寧に的確な助言を忘れません。真潮が程良く流れて掛け上がり攻めと聞けば、これぞ絶好期と奮い立ち狙い澄ませば憧れの夢サイズ(2.0kg)をGETです。その後も獅子奮迅の勢いで釣果を伸ばして、仲間達からの拍手喝采に照れ笑いが印象的でした。
9月23日 午前船・オニカサゴ
幻ポイントに挑み夢サイズ(2.1kg)をGET!

台風20号の接近で沖走りはせずに、安全が第一と快適な湾内を攻めました。近場でも、幻サイズ(2.5kg超)や夢サイズ(2.5kg超)がヒットするポイントが点在するので、歴戦の鬼師達には好評を博して戦意を昂揚させます。
池上悟空さん(横浜市)は強風とウネリで大揺れの状況でも、心模様は静心(しずごころ)の如しと微塵も乱れません。軟調子の愛竿が揺らぎながらも、僅かな変化を魚信と捉えて素早い所作は流石(さすが)です。幾多の栄光が記憶に鮮明な幻ポイントで、鬼閃流・門人会の会長が夢舞台を彩りました。
4/3 喜多村 英明 さん (北区) 2.3kg
11/21 足立 閃竜 さん (練馬区) 2.3kg
 5/1 高橋 閃伸 さん (横浜市) 2.2kg
7/14 今井 孝浩 さん (千葉市) 2.20kg
6/10 田中 敬三 さん (愛知県) 2.40kg
5/14 麻生 浩一郎さん (市川市) 2.10kg
6/12 菅井 悟勇さん  (越谷市)   2.20kg
2005・オニカサゴ10傑
6月1日 午前船・オニカサゴ
研鑽会に参集の猛者連が喝采の夢サイズ(2kg)!

船上がタモ取りで沸き立つ中にあっても、寂しくジッと我慢の蚊帳の外で佇(たたず)んでいました。それでも、燃え立つ闘志に陰りは見えず、集中力には一点の曇りもありません。
足立閃竜さん(練馬区)は沖上がり迄が残り一時間と告げられ、<ラスト4投!>の声を聞いてからの快進撃がお見事でした。怒濤の大鬼4連釣も然(さ)る事ながら、3年振りとなる夢サイズ(2.0kg)GETには拍手喝采です。鬼道場の門人会では世話好きな若頭として、細やかな気遣いを忘れずに切磋琢磨が顕著です。おめでとうございました!
11月4日 午前船・オニカサゴ
邪念を振り払い感激GETは夢サイズ(2.2kg)!
激しい風雨に晒され出船を遅らせて、船宿にて鬼釣り談議に花を咲かせました。楽しく待機時間を有意義に過ごせば、雨もやみ風も収まり勇んで<いざ>出陣です。
大塚幸司さん(川崎市)が抜群の集中力を維持して、果敢に誘い効果を発揮してくれました。しかし、油断なく慎重巻きに徹していても、難敵の凄味には抗し難く痛恨バラシの連発です。大鬼に連続して逃げられても<愚痴らず嘆かず諦めず!>を貫き、折れる心を必死で支え夢サイズ(2.2kg)を感激GETしてくれました。
3/11 多喜 章雅 さん  (港区) 2.3kg
11/15  玉置   豊 さん (越谷市) 2.3kg
 6/9 積田 閃孝 さん (市原市) 2.2kg
3/16 後藤 悟淨 さん (国立市) 2.20kg
2/11 長福 恭広 さん (文京区) 2.40kg
2/18 宗吉 雅也さん (江戸川区) 2.30kg
5/8  鈴木 英和さん  (江戸川区)  2.30kg
5月11日 午前船・オニカサゴ
厳しい教育的指導で猛省直後の夢サイズ(2kg)!
鬼師の要諦は<真摯を貫き謙虚に徹する!>事で、この心構えが備われば正真と言えるのです。しかし、研鑽に励み練磨を重ねて幾多の栄光を手にすると、傲慢や不遜が忍び寄るのも枚挙に遑(いとま)がありません。
木村 誠さん(大和市)は肝心要(かなめ)の心得違いを指摘されて、厳しい教育的指導を真摯に受け止めてくれました。そして、しっかりと猛省して初心回帰を果たせば、それからの逐一は大いに可能性を予感させるものでした。泣きの一投で夢サイズ(2.0kg)GETに万歳三唱です!
5月12日 午前船・オニカサゴ
連続して夢サイズをGETした鬼師の快挙!

極めて難易度の高い深根ポイントで、根掛かりを恐れず果敢に攻められれば鬼師です。大ウネリとぶっ飛びの早潮が困難を増幅させましたが、本格派が揃えば<難しいから楽しい!>の大鬼釣りを所望です。
三好立さん(江東区)は前回の絶好調体験から自信を深めて、一瞬たりとも気を抜けない難所攻めに爛々たる眼差(まなざ)しでした。魚信か引っかかりの判断は至難でしたが、<竿先の僅かな変化は全て大鬼と思え!>の教えをしっかりと踏襲です。1匹目(2.1kg)と2匹目(2.3kg)を立て続けに、夢サイズを釣り上げれば感涙も頷けます。
8/12 池上 悟空 さん (横浜市) 2.4kg
8/22  足立 閃竜 さん (練馬区) 2.3kg
 6/20 河崎 閃健 さん (杉並区) 2.5kg
1/17 麻生 閃浩 さん (市川市) 2.20kg
6/14 毛塚 紘通 さん (武蔵野市) 2.45kg 
12/17 植野 豊文さん (墨田区)  2.30kg
12/30 菅井 悟勇さん  (越谷市)   2.40kg
2月27日 午前船・オニカサゴ
夢サイズ(2.1kg)を掲げれば鳥肌立ちの感動!

頑張って沖のポイントを目指しましたが、南西風が吹き上がり途中で断念です。比較的に穏やかな湾内へ針路を変えて、憧れの夢・幻サイズを狙う事にしました。
増田栄一郎さん(飯能市)は鬼釣り3回目のチャレンジですが、難易度を比較考量するに備えは充分です。竿先の僅かな変化を捉えれば、それからを焦らず慌てず<じっくり!>が勝機を掴むのです。直後の強烈パワーで深根に突っ込みましたが、幸運にも恵まれて引き出す事に成功です。何度も繰り返す激しい首振りも懸命に凌げば、海面を<紅>に染めた夢サイズ(2kg超)の出現に歓喜でした。
5月10日 午前船・オニカサゴ
ぶっ飛び潮を制した皆伝技の夢サイズ(2.2kg)!

黒潮分流が突っ込んでぶっ飛び潮(3ノット超)となり、海水温が一気に上昇すれば闘志満々です。中途半端な沖釣り師からは嘆き節が聞こえても、鬼道一筋と研鑽に励む鬼師からは愚痴は聞かれません。
塩路隆閃さん(浜松市)は早潮の難所攻めに悪戦苦闘でしたが、少しずつ戦略上の要点を捉えて期待値を増幅させました。着底直後から底ダチは困難を極めましたが、無駄糸を極力抑えて集中力は万全でした。<鬼閃流>の門人として懸命に修得に励んだ、ぶっ飛び潮の攻略法が実践出来れば免許皆伝です。感動の夢サイズ(2.2kg)GETに乾杯!
7/16 足立 閃竜 さん (練馬区) 2.4kg)
2/13  大野 閃啓 さん (佐倉市) 2.3kg
 8/12 池上 悟空 さん (横浜市) 2.5kg
10/19 池上 悟空 さん (横浜市) 2.20kg
6/16 関根 宣洋 さん (桶川市) 2.50kg
11/23 池上 悟空さん (横浜市)  2.50kg
6/18  石川 政之さん  (板橋区)  2.50kg
11/24 菅井 悟勇 さん (越谷市) 1.80kg
5/24 毛塚 紘通 さん (武蔵野市) 2.00kg 
1/28 菅原 淳也さん (さいたま市) 1.70kg
4/30 植野 豊文 さん (墨田区) 2.00kg
2/5 河野 孝さん (羽村市) 1.70kg
11月24日 午前船・オニカサゴ
渾身力が試された泣きの1投の夢サイズ(2.1kg)!

誰もが憧れを抱き夢見る大鬼を狙って、正真の鬼師達が鬼横綱の奪還戦を展開です。しかし、深海の怪物は強靭な生命力で生き抜き、巧みな餌取りと針を外す粘りで一筋縄ではいきません。
足立閃竜さん(練馬区)は久し振りの早潮・掛け上がり攻めに奮い立ちましたが、難所・難敵に翻弄されて闘志も空回りするばかりです。それでも、勝負勘を蘇らせて頑張る姿勢を貫けば、船長の温情から<プラス1>の泣きの1投を獲得です。憧れの夢サイズ(2.1kg)GETに万歳三唱!
3月9日 午前船・オニカサゴ
夢サイズ(2.2kg)GETは鬼師冥利の至福極楽!

鬼釣りを極めるには世俗の潮流に押し流されず、栄光は艱難辛苦の先にあると達観が肝心です。向上心を持ち続けて研鑽に励めば、技量UPが叶い大勝負にも余裕を持って挑めるのです。
赤尾泰閃さん(横浜市)は魚信察知の瞬間に心拍数がUPするのを戒めて、冷静なる対処対応が大勝負を制すると悟りました。それから決断アワセまでが至福タイムと得心して、勝負勘の冴えを鮮やかに発揮してくれました。憧れの夢サイズ(2.2kg)を掲げた、感動笑顔が<春の海>に輝きました。
6/19 沓掛 閃啓 さん (浦安市) 2.4kg
5/15  沓掛 悟啓 さん (浦安市) 2.4kg
 11/3 永田 良人 さん (横浜市) 2.7kg
5/1 遠武 悟孝 さん (葛飾区) 2.30kg
2007・鬼カサゴ20傑
6/23 池上 悟空 さん (横浜市) 2.60kg
2006・オニカサゴ20傑